JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年04月16日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

仏メディアが見る米大統領選の迷走:変わらぬトランプ人気の不思議(2016/10/28)

11月8日に投開票が行われる米大統領選は迷走する一方だ。クリントン候補が優勢とされるも献金疑惑の浮上で不安定さをみせ、差別発言で支持率を落とすも人気を保つトランプ候補。投資家筋では、夫と共に中国に広い人脈を持つクリントン候補で実は決まりだが、バブル経済崩壊後の中国に狙いを定めた政策を隠すための茶番劇、という見方すらある。この一部投資家の見解はともかく、暴言や差別発言を繰返しても続くトランプ支持が、世界中の目に奇妙に映る事は間違いない。仏メディアはトランプ人気の不思議を改めて読み解く。

『レゼコー紙』は社説で「ドナルド・トランプに投票する三つの理由」と見出しをつけて、依然として不動の支持を維持する理由を分析し、恐らく世界中が不可解に感じる点を要約する。「女性蔑視、外国人排斥、民衆扇動、無知で知られ、不動産開発という名の賄賂やカジノによるマフィアとの関係で巨額の剤をなした人物」が「世界最強かつ民主主義発祥の国の一つ」において「5千万近い米国民がトランプ氏に投票する」事である。
まず、現行の政治システムの拒否を挙げる。...
全部読む

 

欧州火星探査ExoMars:19日に火星到達(2016/10/19)

欧州とロシアの共同事業で欧州宇宙機関(以下ESA)が主導する火星探査計画エクソマーズ(ExoMars)が、欧州にとって悲願の歴史的瞬間へと向かう。3月14日打ち上げから7か月。16日(日)に無人の微量ガス観測機,トレース・ガス・オービター衛星(TGO)から、着陸機スキャパレリが分離された。3日間かけて火星表面に降下し、予定通りいけば仏時間19日(水)中に着陸する。仏メディアは次の通り伝える。

「火星の生命体の存在」を裏付けるメタン検出レース
『フィガロ紙』が「ESAの火星探査計画が最初の局面を左右する重要な局面入る」と報じる通り、火星到着を前に欧州は歓喜と緊張に包まれる。今回の探査の目的は「火星の生命体の存在」を裏付けるメタン検出である。TGO衛星は火星の周回軌道に乗って、火星大気中に「痕跡」として存在するメタンなどあらゆるガスを検出するための検出器を搭載する。
火星探査では欧州のESAは米国の米国航空宇宙局(NASA)に遅れを取っている。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング