JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年01月18日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

フランス、新学期開始後1週間もたたない内に5万人の生徒がコロナ感染

フランス国民教育・青少年省は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、フランス全土で28校が休校となっており、9202の学級閉鎖が発生していると発表した。これは昨年春以来の記録となる。1月頭の新学期開始以来、約5万人の生徒と約6千人の職員が陽性と判定された。

仏誌『レゼコー』の電子版によると、授業再開からわずか4日後、国民教育・青少年省は6日時点で、小学校や幼稚園が20校、大学が6校、高校が2校、学級閉鎖が9202クラス発生していると発表した。

フランスの教育当局は、この4日間で、生徒の感染者数は4万7453人、職員の感染者数は5千631人にのぼると報告した。陽性となった生徒数は休暇前とほぼ同じ人数である一方、職員ではほぼ倍となっている。

現在フランスでは、生徒が陽性と判定された場合でも学級閉鎖はしないものの、教師の病欠により、学級閉鎖に追い込まれているという。...

全部読む

 

フランスエリート養成校、卒業生らが学校の左派化とイスラム化を警告

フランス屈指のエリート養成校であるグルノーブル政治学院で、何人かの学生から「イスラモフォビ(イスラム嫌悪)」とのレッテルを張られた教師が4カ月間の停職処分を受けたことで、フランス国内で波紋が広がっている。地元当局は学校への資金提供を打ち切ることを発表し、政府からも学校に対する糾弾の声が上がっている。

仏メディア『フランスアンフォ』によると、今年の3月4日、グルノーブル政治学院の複数の学生たちが、大学の入り口に「講義室にファシストがいる。イスラム嫌悪は人を殺す」という見出しのもと2名の教授の名前を載せたポスターを貼った。このポスターは学生組合によってすぐにソーシャルネットワーク上で拡散された。

ポスターに名前が載せられた2名の教授のうちの1人、クラウス・キンザー教授は25年間同大学でドイツ語を教えてきた。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組