JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年05月22日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

ドゥテルテ比大統領がまたしても暴言吐くも、忠実な大統領府報道官が真意は違うと釈明会見【米・フィリピンメディア】(2020/01/27)

1月25日付Globali「ドゥテルテ比政権;またしても米・比軍事協定破棄と脅し」で触れたとおり、脱米国、親中・ロ政策を打ち出しているロドリコ・ドゥテルテ大統領は、米国の遣ることなすことが気に入らず、しばしば暴言を吐いている。そしてこの程、同大統領が国内富裕層に向けて暴言を吐いたことから、さすがにまずいと考えた忠実な大統領府報道官が、大統領の真意は違うので言動をそのまま受け取らないように、とわざわざ釈明をしている。

1月26日付米『ニューズウィーク』誌:「大統領府報道官、ドゥテルテ大統領が富裕層を殺せと言ったのは真意でなく、言動をそのまま受け取らないようにと釈明」

フィリピン大統領府のサルバドル・パネロ報道官は1月26日、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が1月23日にレイテ島(フィリピン中部)で演説した際、2大水道会社のオーナーを指して、泥棒猫の富裕層は殺せ、と発言したのは真意ではないので、言動をそのまま受け取らないようにと釈明した。...

全部読む

 

南シナ海をめぐる近況<米・ロシア・フィリピンメディア>(2017/06/22)

北朝鮮問題が中々改善せず、親中政策に舵を切っていたトランプ大統領も、中国側動きに失望感を表している。そうした中、6月22日にワシントンで初開催される「米中外交安全保障対話」閣僚会議では、北朝鮮問題での具体的な協力関係を前進させることが期待されるものの、南シナ海問題については、大きな隔たりが埋まる可能性はない。それを暗示するかのように、日米に歩み寄りを見せたベトナム首脳に不快感を表して、中国軍事担当高官がベトナムを訪問しての領土問題協議を直前にキャンセルしたかと思えば、米比合同軍事演習が、規模を縮小しても予定どおり開催され、中国をイラつかせている。更に、6月13日付Globali「日本、海洋安全保障・装備展示会(MASTA)で東南アジア諸国連合(ASEAN)抱き込み(2)」で報じたとおり、ASEANとの防衛連携強化を狙って防衛省が企画した様々な行事-海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦に搭乗しての南シナ海監視航行や、自衛隊の災害救助訓練の視察-に、ASEAN主要国の防衛関係者が挙って参加している。

6月22日付ロシア『スプートニク・インターナショナル』オンラインニュース:「中国、南シナ海問題に関わるベトナムとの閣僚級会議をキャンセル」
中国国防部(国防省に相当)は6月20日、南シナ海問題に関わるベトナムとの閣僚級会議が、諸事情により中止となったと発表した。

同部は詳細を明らかにしていないが、ベトナム研究専門家の分析では、ベトナムのグエン・スアン・フック首相が、直近の日米訪問で見せた両国への歩み寄りに対して、ベトナム訪問の中国中央軍事委員会の范長龍(ホァン・チャンロン)副主席が怒り、直前に両国間協議をキャンセルしたものとみられるという。...
全部読む

その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング