JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年12月08日(木)
最新TV速報
【Globali】
 

トランプ支持者による連邦議事堂占拠事件;大統領弾劾訴追移行の不名誉のみならず、実業の不動産業にも大きな痛手【米メディア】

トランプ支持者による連邦議事堂一時占拠事件は、民主主義への冒涜とばかり、米国のみならず世界からも厳しい非難の声が上がっている。この事件を契機として、大統領自身が再び弾劾訴追されるという不名誉な記録を作っただけでなく、実業の不動産業でも、ニュージャージー州に保有のトランプ・ナショナル・ゴルフクラブで予定されていた全米プロゴルフ選手権がキャンセルされたり、ニューヨークに保有の自社ビルから大テナントが撤退するとの話まであり、実害が出始めている。

1月16日付『NBCニュース』:「パームビーチ郡も全米ガールスカウト協会もトランプとの契約終了を希望」

先週ワシントンDCで発生した、トランプ支持者による連邦議事堂一時占拠事件によって、ドナルド・トランプ大統領(74歳)との関係終焉を望む団体が増えている。

まず、フロリダ州パームビーチ郡は、ウェストパームビーチ市にあるトランプ・インターナショナル・ゴルフクラブの土地リース契約を終了させようとしている。...

全部読む

 

トランプ大統領;現住所地のフロリダ州リゾートには市条例で失職後の長期滞在不許可、これも訴訟で覆す?(2)【米メディア】

12月4日付GLOBALi「トランプ大統領;現住所地のフロリダ州リゾートには市条例で失職後の長期滞在不許可、これも訴訟で覆す?」で報じたとおり、同大統領が実業家時代にマー・ア・ラゴ別荘地のあるパームビーチ市と締結した契約書に基づき、大統領職時代の特例は別にして、同リゾートに年通算21日以上の長期滞在は認められない恐れがある。12月14日の大統領選挙人の投票結果、同大統領の敗北がいよいよ決定的になったことから、失職後に同リゾートに定住しようと準備を進めているが、同市条例はもとより、近隣住民からの猛反発もあって、同地を安住の地とすることは困難とみられる。なお、ホワイトハウスは目下のところ、同市との当該契約存在自体を否定している。

12月18日付『AP通信』:「トランプ氏のフロリダ州リゾートへの定住に近隣住民が反発」

ドナルド・トランプ大統領(74歳)は来年1月、大統領職退任後にフロリダ州のマー・ア・ラゴ別荘地に定住しようと考えているが、これに反発する近隣住民の代理人弁護士は、同大統領が実業家時代の1990年代、同リゾートを会員制ゴルフ・クラブに変更する許可を求めた際にパームビーチ市と締結した契約に基づき、同リゾートに長期滞在することは認められないとする訴えを提起した。...

全部読む

その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組