JCCテレビすべて
特集 米国バイデン政権
2024年05月27日(月)
最新TV速報
【米国バイデン政権】
米国FRB・金融引き締め・急ぐ可能性(1月6日)
米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は先月開いた会合で、記録的なインフレを抑えるためにコロナ禍の経済を下支えしてきた量的緩和策を前倒しで終了することを決定すると共に、ことし3回の利上げを行う想定を示した。

この会合の議事録によると、利上げの進め方をめぐり参加者からインフレ圧力や雇用の改善を踏まえればこれまでの想定より早いペースで実施されるべきだとする意見が出ていたことがわかった。...
全部読む


米国オースティン国防長官・新型コロナ陽性・閣僚協議などに影響も(1月3日)
米国のオースティン国防長官は2日、新型コロナウイルスの検査の結果、陽性だったと明らかにした。

オースティン国防長官が2日、発表した声明によると、休暇中に自宅で症状が出たということで、症状は軽く国防長官としての権限は維持されるとしている。今後5日間、自宅隔離するということで、意思決定が必要な重要な会議には可能なかぎりオンラインを活用して参加するという。

また、バイデン大統領に直接会ったのは10日以上前の先月21日が最後で、その日の朝に行った検査では陰性だったとしている。...
全部読む


米国・ウクライナ首脳・電話会談・ロシアが侵攻など断固対抗・外交努力でも一致(1月3日)
米国・バイデン大統領は2日、ロシアの隣国ウクライナのゼレンスキー大統領と電話で会談した。

ホワイトハウスの声明によると、バイデン大統領はウクライナの主権と領土の保全への支持を改めて強調したうえで、ロシアがウクライナに侵攻すれば、同盟国とともに断固とした対抗措置を取るという考えを伝えたという。

また両首脳は、来週予定されている米国とロシアの2国間協議や、NATO北大西洋条約機構とロシアによる協議など、緊張緩和に向けた外交努力を支持することで一致したという。...
全部読む


ウクライナ危機(1月3日)
近日中にもロシアとウクライナ間で軍事紛争が起きる可能性が指摘されている。これを回避するため1月1日にバイデン大統領とプーチン大統領の間で緊急の電話会談が開催され、バイデン大統領は、「ロシア軍のウクライナ国境での動きがロシアに対する新たな制裁や欧州における米軍のプレゼンス拡大につながり、ロシアは大きな代償を支払うことになるだろう」とプーチン大統領を威嚇したと言われている。最終的には1月中に3回の会合を開催する方向でプーチン大統領と合意したというが、構造的な問題が横たわっているために事態は楽観視できない。...
全部読む




ウクライナ情勢めぐり・米国・ロシア首脳・話し合い継続で一致(12月31日)
米国のバイデン大統領とロシアのプーチン大統領は約50分にわたって電話会談を行い、ロシア軍が隣国ウクライナとの国境周辺に大規模な部隊を展開させているとして、緊張が続いている情勢をめぐり意見を交わした。

会談後にホワイトハウスのサキ報道官が発表した声明によると、「バイデン大統領は緊張緩和を重ねて呼びかけたうえで、ロシアがウクライナに侵攻すれば同盟国と連携して断固とした対抗措置を取ると明確に伝えた」という。...
全部読む



過去の記事
1 ... 49 50 51 . 60 70 80 . 103

「米国バイデン政権」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング