JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年04月29日(土)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
“ちはやふる”スーパールーキー・佐々木千隼(4月8日)
“超豊作“と言われた昨年のドラフト。特にピッチャーに大物が揃ったルーキーたちの中から6日、早くも2人が同日に初勝利を挙げた。

5球団の競合から千葉ロッテマリーンズが獲得を果たした佐々木千隼(桜美林大学)は、同大学第1号のドラフト1位。また、都立高校(日野高等学校)出身投手としても初の1位指名だった。オープン戦でしっかり結果を出して開幕一軍入りを決め、ローテーションの6番手として本拠地マリンスタジアムのマウンドに立った。...
全部読む

「日の本一の力を!」最強の2人・羽生結弦と宇野昌磨(4月7日)
「日本の国旗を背負って戦うっていう自覚が一番強い試合なんですよ」4月20日から東京で行われるフィギュアスケートの国別対抗戦。羽生結弦ら代表選手が会見を行った。抱負を述べた羽生は、優勝を果たしたフィンランドでの世界選手権から前日凱旋帰国を果たしたばかりだ。

会見では羽生のほか、同じく世界選手権で激闘を繰り広げた男女シングルの宇野昌磨、三原舞依、樋口新葉が顔を揃えた。1年おきに開催されているこの国別対抗戦にはランキング上位の世界6か国が出場する。...
全部読む

菅野、筒香、藤浪、石川…侍達のシーズン開幕(4月6日)
昨年史上最多の観客数を達成したプロ野球。今季の開幕戦も6球場合計で22万3000人もの野球ファンが詰めかけ、球春到来を満喫した。

2カード目の初戦には、WBCで奮戦した各チームのエースたちが先発。侍戦士同士の対決も実現している。開幕から負けなしの連勝で勢いに乗るジャイアンツは、ベイスターズと対戦。WBC準決勝でアメリカ打線相手に力投を見せた菅野智之が今季初先発し、7回1失点で勝ち投手に。全日本の4番を務めた筒香嘉智との勝負は、菅野に軍配が上がった。...
全部読む

萩野、ベイカー、土性…94年組の新たな船出(4月5日)
本格的に新年度が始まった3日。多くの企業で入社式が行われ、新社会人が門出を迎えた。この春大学を卒業したフレッシュマンは1994(平成6)年度生まれ。スポーツ界では綺羅星のごとくスター選手が揃う、この「黄金世代」も、晴れの新生活へのスタートを切っている。

競泳でこの世代はリオ五輪金メダルの萩野公介。プロスイマーとしての契約を結んだブリヂストンの入社式に出席した。五輪後に右肘手術を行ったが、先月復帰後初レースのマドリード・オープンで2冠を達成。...
全部読む

再びジンクス敗れず…田中将大、鬼門の開幕戦(4月4日)
メジャー30球団のトップを切って開幕戦に臨んだニューヨーク・ヤンキースにとって、それはまさに悪夢のような展開だった。敵地トロピカーナ・フィールドの大歓声のなか、ベンチに下がった田中将大は、ガックリと肩を落としてうなだれた。日本人メジャーリーガーとしては初となる3年連続の開幕投手。オープン戦でも5試合を投げて防御率0.38、奪三振28と絶好調だったエースに、「田中以外考えられない」と、早々にオープニングゲーム先発を任命したジラルディ監督にとっては大きな誤算となった。...
全部読む

▲画面のトップへ