JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月22日(木)
最新TV速報
【Globali】
 

フィリピン最高裁、南シナ海における中国・ベトナムとの三ヵ国共同海底探査契約を憲法違反で無効と裁定【米・フィリピンメディア】

フィリピン最高裁はこの程、2005年にフィリピン・中国・ベトナム国営企業間で締結された南シナ海共同海底探査契約を比憲法違反だとして無効判決を下した。ただ、ボンボン・マルコス新大統領(65歳、2022年就任)は、1月初っ端の訪中を通じて、中国側と新たな海底油田共同開発を進めようとしている。

1月10日付米『AP通信』は、「フィリピン最高裁、中国が関わる共同海底油田探査契約を無効と裁定」と題して、比憲法で謳われた、比領海内の天然資源開発行為等は比国管理下で実施されるべきと定める比憲法違反に抵触しているとして、2005年締結の三ヵ国共同探査契約を無効とする判決を下したと報じている。

比最高裁は1月10日、2005年に比・中国・ベトナム間で締結された南シナ海における共同海底油田探査契約(JMSU)は比憲法に違反しているとして、無効とする判決を下した。...

全部読む

 

フィリピン最高裁、ドゥテルテ大統領支援のマルコス元大統領子息が提訴の副大統領選投票結果に疑義ありと認めて再集計命令【米・フィリピンメディア】

2016年のフィリピン副大統領選に臨んだマルコス元大統領長男のマルコス・ジュニア上院議員は、約26万票差でロブレド下院議員に敗れた。しかし、この程フィリピン最高裁が、投票の集計に間違いがあったと同上院議員の訴えを認め、当時の投票結果について再集計をするよう命じた。そして、4月2日より票の数え直し作業が始まったが、マルコス・ジュニア氏が、将来の大統領就任のための布石と考えられる副大統領職に就けるのか、注目されている。

4月2日付米『ロイター通信米国版』:「マルコス元大統領子息の副大統領選票集計問題提訴に基づき票の再集計始まる」

  2016年5月の大統領選時に同時に行われた副大統領選において、かつての独裁者フェルディナンド・マルコス元大統領の長男であるマルコス・ジュニア氏(ニックネーム“ボンボン”、60歳)は、約26万票差でレニー・ロブレド下院議員(53歳)に敗れた。

  しかし、ボンボン・マルコス氏はその後、ロブレド氏出身地のカマリネス・スール州の投票に大掛かりな不正があったとして、票の再集計を求めて提訴した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング