JCCテレビすべて
特集 日米関係
2021年01月19日(火)
最新TV速報
【日米関係】
在日米国軍の駐留経費・日米交渉・バイデン次期政権と妥結目指す(12月26日)
在日米国軍の駐留経費をめぐる日米交渉について、政府は来月発足するバイデン次期政権との間で早期妥結を目指すことにしている。

思いやり予算をめぐる日米交渉は、先月から実務者による交渉が行われている。

具体的な負担額で折り合いがつかず、来年に持ち越される異例の展開である。

政府は来年度予算案に今年度と同じ水準の2017億円を暫定的に計上。政府内にはトランプ政権と比べ落としどころが探りやすくなると期待感がある一方、厳しい交渉になるとの見方も出ている。...
全部読む



在日米国軍の駐留経費妥結・年内見送りへ(12月17日)
在日米国軍の駐留経費をめぐる日米交渉は具体的な負担額で折り合いがつかず、年内の妥結は見送られることになった。

政府はバイデン次期政権との交渉に向け、来年度予算案には暫定的に約2000億円を計上することにしている。

駐留経費をめぐる日米交渉は日本の予算案が決まる12月までに妥結するのが通常で、翌年に先送りされるのは極めて異例である。


新政権との関係構築へ・米国大使に冨田韓国大使起用で調整(12月8日)
新政権への移行を見据え、政府は新しい米国大使に、外務省北米局長の経験もある韓国大使・冨田浩司を起用する方向で調整に入った。

後任の韓国大使には、イスラエル大使・相星孝一を起用する方針である。

昭和56年に外務省に入り、北米局長やイスラエル大使などを務め去年6月に開かれたG20大阪サミットでは、議長国・日本の担当大使として首脳宣言のとりまとめなどにあたり、その後、韓国大使に就任した。

政府は、米国側の事前同意が得られ次第、いまの杉山晋輔大使の後任として正式に決める。...
全部読む


米国国務省・ゴーン容疑者逃亡関与の2人引き渡し認める(10月30日)
日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン容疑者が中東レバノンに逃亡した事件で、逃亡を手助けした疑いで逮捕された2人の米国人について、米国国務省が日本への引き渡しを認めたことが分かった。

ただ、弁護側がこれに異議を申し立てたため、手続きは差し止められ、移送の時期は不透明となっている。


先行き不透明な在日米軍駐留経費負担問題(10月24日)
在日米軍の来年度以降の日本側負担(思いやり予算)の交渉が11月にも始まる見通しである。今回は、トランプ大統領が日本に負担の大幅な増額を求めているとされることや、大統領選挙で交渉相手が代わる可能性がある点で異例の交渉となる。

トランプ大統領は在日米軍の日本側負担を現在の4倍にあたる80億ドル(日本円で約8400億円)に引き上げたい意向を持っており、これができない場合は米軍を日本から引き上げるとしている。...
全部読む



過去の記事
1 2 3 .... 10 .... 13

「日米関係」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組