JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年06月29日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

フランス下院、女性の同性愛者や独身女性に体外受精を認める法案を可決

フランスの国民議会(下院)は27日、女性の同性愛者や独身女性が、体外受精により子どもをもうけることを認める法案を可決した。法案成立のためには今後上院での可決が必要だが、保守派などからの激しい反対があり、成り行きが注目されている。

『AFP通信』『ユーロニュース』『デイリー・テレグラフ』などが報じた。同法案は、マクロン氏が2017年に大統領に就任後推進する、大規模な社会的改革を象徴するものである。国民議会は同法案を賛成55、反対17で通過させ、大きな拍手が沸き起こった。

フランスでは現在、異性のカップルだけに体外受精(IVF)などの生殖医療技術を利用する権利が与えられているが、同法案はこれを女性の同性愛者や独身女性にも認めるものである。...

全部読む

 

シャルリー・エブド襲撃事件から4年、表現の自由が脅威にさらされているフランス

2015年1月7日、週刊風刺新聞を発行しているフランス・パリの『シャルリー・エブド』本社に、イスラム過激派テロリストが乱入し、編集長、風刺漫画家、コラムニスト、警察官ら合わせて12人を殺害した。犯人はサイード・クアシ、シェリフ・クアシの兄弟2人で、後にアラビア半島のアルカイダ (AQPA)が犯行声明を出した。フランスだけでなく世界中に衝撃を与えた4年前のイスラム過激派による襲撃事件。現シャルリー・エブド編集長のリス(ローラン・スーリソー)氏がフランスのメディアで、フランスでの表現の自由、ないしは民主主義の弱体化に対して警告を出している。

同新聞社は事件後、非公開の新しい場所に引っ越しした。万が一の場合に備えて、緊急避難部屋も設けられ、現在も徹底的なセキュリティ体制下に置かれている。編集長のリス氏によると、編集者らを保護するためのセキュリティ対策の総コストは年間150万ユーロ(約1,870万円)だという。また、同紙の為に働いているメンバー達も現在も警察保護下にある。この4年の間に退社したメンバー達もいまだ厳重な警察保護下にある。そして、身の危険を感じて同社との仕事を断る人々もいるという。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組