JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年04月18日(木)
最新TV速報
【Globali】
 

世界が見る安倍首相の動き(2015/04/22)

安倍首相は、インドネシアで行われているバンドン会議(アジアアフリカ会議)60周年の記念演説で、日本のアジアに対する侵略行為については、触れたが謝罪は行わなかった。バンドン会議には習近平主席も参加しており、5か月ぶりに日中首脳会談が行われることも決まった。この中ではAIIBについての話し合いも行われるという。一方、米国は安倍首相が訪米した際に、ケリー国務長官のボストンの自宅に安倍首相を招待することを発表。ケリー国務長官は以前、ヨウケッチ外相を自宅に招き、8時間にわたってもてなしたこともある。他方で米国国内には安倍首相の議会での演説において、歴史問題での日本の明確な立場を示すよう注文を突きつける動きもある。各国は、安倍首相の動きについて以下のように報じた。

4月22日『デイリーメール』(豪州)は、「バンドン会議で安倍首相が記念演説を行い、軍事力を強める中国を念頭に”強い者が、弱い者を力で振り回すことは、あってはならない”と述べ、”日本は、先の大戦の深い反省とともに平和的手段で国際紛争を解決していく”と約束した」と報じたが、「中国が要求する日本の過去の侵略行為に対する謝罪については明確にしなかった」と伝えた。他方で「昨年に続き、安倍首相と習近平主席による日中首脳会談が行われることが決まった」と伝え、これによって「両国の関係が緩和される可能性がある」と報じた。...
全部読む

 

中国がロシア最新の地対空ミサイルシステムS400を購入(2015/04/14)

米英独仏中露とイランとのイラン核問題枠組み合意を受けて、ロシアはもはや安全保障上の脅威ではないとして、2010年から停止していたイランへの地対空ミサイルシステムS300の輸出を解禁した。これについて米国政府はロシアに対し、懸念を伝えていることを各国メディアが伝えているが、その裏でS300に改良を加え、射程範囲を広げた地対空ミサイルシステムS400を、ロシアが中国に売っていたことが明らかになったという深刻なニュースも伝えられている。専門家は中国がS400を、東シナ海や南シナ海などで使用してくるだろうと予測しており、この地対空ミサイルシステムS400は日本にとっては今後、直接の脅威になってくると思われる。各国は、中国がロシア最新の地対空ミサイルシステムS400の購入について以下のように報じた。

4月14日付『リアノーボスチ通信』(ロシア)は、「中国がロシアのS400地対空ミサイルシステムの最初の購入者になった」と報じ、「中国が巡航ミサイルやステルス型戦闘機など、様々なターゲットを、破壊することが可能なS400地対空ミサイルシステムをロシアから購入したことは中国の国家安全保障上、確実な投資をしたといえるだろう」とのロシアの軍事専門家イゴールコロチェンコ氏のコメントを紹介した。また、「S400はそれらのターゲットにとっては非常に大きな脅威となり、中国はおそらく東シナ海または南シナ海の一部だけでなく、台湾海峡と台湾上空の一部を守備範囲として、それらを使用してくることになるだろう」とのストックホルム国際平和研究所の上級研究員シーマンウエズマン氏の分析を紹介した。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング