JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月22日(木)
最新TV速報
【Globali】
 

世界が見る宮崎駿の安保法制に対する異議申し立て

約8割の国民が、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案の審議はし尽くされていないと思っていることが世論調査で示された中で、自民党の谷垣幹事長は党役員会で、15日の衆院平和安全法制特別委員会で採決する意向を表明。また菅官房長官も「安保法制の審議は尽くされたと思っている」と発言し、法案の採決に意欲を見せている。政府与党は16日もしくは17日の衆院本会議で採決し、参院に送付する構えで、野党側は採決の強行に強く反対してはいるもののこのままいけば、特に強い抗議行動もなく、国民の理解もないままに安保法制関連法案が通過してしまう可能性が高い。こうした中、日本のアニメ界の第一人者である宮崎駿氏が声を上げた。各国は宮崎駿の安保法制に対する異議申し立てについて以下のように報じた。

7月13日付『ブルームバーグ通信』(米国)は、「安倍政権が集団的自衛権行使容認を柱とした安全保障法制関連法案を国会に提出し、早期の成立を目指している。この動きに対し、数多くのジブリアニメを生み出してきた日本の宮崎駿監督が異議を唱えた」と報じた。

7月13日付『シドニーモーニングヘラルド』(オーストラリア)は、「日本版ウォルトディズニーであるアニメ界の巨匠、宮崎駿氏が記者会見を開き、日本の自衛隊の軍事的役割を拡大させようとしている安倍首相を非難し、(戦後70年談話で)第二次大戦における日本の侵略行為について明確に謝罪するよう要求した」と報じた。...
全部読む

 

世界が見る中国が東シナ海ガス田に軍事拠点構築

中国は経済や政治などでは、表面上各国と友好関係を保っている。安倍首相と習近平国家主席による日中首脳会談が2度も開かれたり、9月3日に開催される抗日戦争勝利70周年記念軍事パレードに安倍首相を招待するなど、日中関係は表面的にはかなり改善されているように見える。しかし、資源や領土に関しては相変わらず中国は強硬姿勢を続けている。衆院平和安全法制特別委員会では、中谷防衛大臣が中国が東シナ海に建設中の海洋プラットホームが軍事拠点化される可能性について言及。どうやら中国は東シナ海ガス田プラットフォームを東シナ海の軍事拠点と位置づけ、開発を進めているようだ。各国は中国が東シナ海ガス田に軍事拠点構築について、以下のように報じた。

7月12日付『シドニーモーニングヘラルド』(オーストラリア)は、「日本の中谷防衛大臣が“中国が東シナ海のガス田海洋プラットフォームの構築作業を進めており、ここにレーダーシステムが配備され、無人偵察機やヘリコプターの拠点になる可能性がある。この施設が日中間の新たな安全保障上の脅威になる可能性がある”と国会の特別委員会で述べた」と伝え、「中国は南シナ海において、飛行場や通信設備の建設を着々と進めているが、最新の発見では、中国が東シナ海においても軍事拠点構築に向けて同様の動きを見せていることを示している」と報じた。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング