JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年06月18日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

フィリピン;ウクライナ侵攻のロシア、常に威圧的な中国に辟易してか、誰が次の大統領になっても親米路線に復帰【香港・マレーシアメディア】(2022/03/27)

フィリピンでは5月9日、6年に一度の大統領選が行われる。ロドリゴ・ドゥテルテ現大統領(76歳、3月28日に77歳、2016年就任)は就任早々から脱米国、親中国・ロシアを標榜してきた。しかし、近年の中国による南シナ海領有権問題に関わる威圧的な姿勢の激化に加えて、直近のウクライナ軍事侵攻に伴う国際社会からの強烈な対ロシア制裁をみるにつけて、次期大統領は誰がなっても、従来の親米路線に復帰するとの見方が強い。これは、3月28日に幕を開ける近年で最大規模の米比合同軍事演習が実施されることからも、十分窺い知ることができる。

3月25日付香港『アジアタイムズ』オンラインニュース(1995年設立)

2016年6月に就任したロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、開口一番、脱米国、親中国・ロシア政策を打ち出した。

最初の外遊先を中国に決め、2016年10月の訪問時には、“これからは、中国・フィリピン・ロシアの3ヵ国連携が世界に対抗する唯一の同盟だ”とまで言ってのけた。

更に、数日後に来日した際には、安倍晋三首相(当時62歳、2012~2020年在任)との会談前に、“就任後2年以内に、駐留米軍に退去してもらう”と言い切っていた。...

全部読む

 

多くの国で中国人入国お断りムードなのは、新型コロナウィルス感染懸念だけでなくこれまでの中国政府の傍若無人振りへの報復?【米・マレーシアメディア】(2020/02/01)

米国が、中国本土への渡航禁止勧告を出したり、あの北朝鮮までが、中朝国境を封鎖する動きをしたりと、中国発祥の新型コロナウィルス感染の脅威に対する懸念が尋常ではない。これまで中国の支援を受けてきたような国からも、中国人お断りの声が上がるにつけて、どこの国も内実は、これまでの中国の経済力・軍事力を嵩にかけての傍若無人な振る舞いに辟易していたことが窺える。

1月30日付米『ニューヨーク・タイムズ』紙:「コロナウィルス感染拡大に連れて、アンチ中国の動きも活発に」

中国で猛威を振るい始めた新型コロナウィルスは、中国国内だけで感染者が7千人以上、犠牲者も170人を超えた。

他国への急速な感染拡大を受けて、世界保健機関(WHO)もついに1月30日、緊急事態宣言を発表し、世界各国の保健当局に対して、感染拡大防止に向けた監視強化や措置拡充などを要請した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング