JCCテレビすべて
特集 フィギュアスケート
2024年05月23日(木)
最新TV速報
【フィギュアスケート】
スポーツニュースに統一します。
https://jcc.jp/choice/06344/
三原舞依が優勝(11月14日)
日本時間11月13日、グランプリシリーズ第4戦・英国大会で三原舞依が優勝した。

ショートプログラムで首位の三原はフリープログラムで145.20点を出し、合計で217.43点となり、グランプリシリーズ初優勝を果たした。




羽生結弦・初単独アイスショー開催(11月9日)
11月4日、ソチ五輪金・平昌五輪金のプロフィギュアスケーター・羽生結弦が、自身初の単独アイスショー「プロローグ」を開催した。

平昌五輪・フリーでのプログラム「SEIMEI」、羽生が初めて振り付けを考えたプログラム「いつか終わる夢」など、合わせて8演目を披露した。コンセプトや演出など、全て羽生がプロデュースした。




GPシリーズ第3戦・住吉りをんが初出場で表彰台 (11月8日)
11月5日、ISUフィギュアスケートGPシリーズ第3戦フランス杯のフリープログラムが行われた。

女子シングルは、シニアでは初のGPシリーズ出場の住吉りをんが、フリープログラムで130.24点をマーク。合計194.34点とし、3位となった。



北京2022オリンピック日本代表の河辺愛菜は、SP3位から6位に順位を落とした。松生理乃は7位だった。

また、男子シングルでは山本草太が合計257.90で2位に入り、グランプリシリーズで初めて表彰台に上がった。ショートプログラム2位の友野一希は合計248.77で3位だった。


宇野昌磨・渡辺倫果・りくりゅうペア(10月31日)
10月29日、フィギュアスケートグランプリシリーズ第2戦カナダ大会のフリープログラムが行われ、男子は宇野昌磨、女子は渡辺倫果、ペアでは三浦璃来&木原龍一が優勝した。

男子シングルには、日本から三浦佳生、宇野昌磨が出場。ショートプログラムで三浦が94.06点で首位、宇野が89.98点で2位となった。フリープログラムでは、宇野が183.17点を記録し、合計で273.15点を獲得。逆転優勝を果たした。...
全部読む


坂本花織・GPアメリカ大会優勝(10月24日)
10月24日(現地時間)、米国ノーウッドでフィギュアGPシリーズ・第1戦アメリカ大会の女子フリーシングルスが行われた。

ショートプログラム首位の坂本花織は最終12番に滑走し、フリー145.89点、合計217.61点で優勝を果たした。


過去の記事
1 ... 7 8 9 . 20 30 40 . 45

「フィギュアスケート」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング