JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年03月02日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

カルロス・ゴーン記者会見、フランスメディアは冷静に評価

8日、レバノンで開かれたカルロス・ゴーン日産自動車元会長の記者会見。世界中のメディアが詰めかけ、元会長の説明に肯定的な反応を見せたと言われている。しかし、フランスメディアは、会見を冷静に評価し、ゴーン側の見解を説明したものにすぎないというコメントや、批判的な意見を報道。

9日の『RTL』ラジオ報道で、経済専門記者のフランソワ・ラングレ氏は、会見では日産と日本当局によるルノー・日産の前CEOに対する陰謀があったことが説明された。「フランスを代表するルノーのように、日本を代表する日産の支配権を失うことを恐れ、日本人は彼を追い払おうとした可能性が高い。日本の裁判官が、裁判が始まる前から彼を有罪にしたかったのではないかということも疑う余地がない」とコメント。

しかし、同記者は、それは彼が無実であることを意味するか、とは別問題であること指摘。...

全部読む

 

米カルフォルニア、火災防止のため1週間の計画停電

米カリフォルニア州は、乾燥した強風のため山火事発生の危険性が指摘され、当地電力会社 Pacific Gas and Electric Co.(PG&E)は、10月9日(水)より80万の顧客、約200万人が対象という前例のない規模での計画停電を開始した。カリフォルニアでは昨年、PG&E社の送電線からの発火が原因で山火事が発生し、カリフォルニア州史上最悪の被害を生んだ。

『ル モンド』によると、9日水曜日の朝に最初の計画停電が開始された後、サンフランシスコ周辺の人口が密集した地域でも第2弾の計画停電が開始された。日々の活動とビジネスに混乱を招き、地元住民たちの強い批判が出ているという。

カリフォルニア州のギャビン・ニューソム知事は木曜日、「どの州であろうと21世紀にこのような規模の停電を経験するものではない」と述べた。そしてPG&Eが何十年にもわたり老朽化している送電設備を「放置」し「管理不行き届き」であると非難した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング