JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年07月15日(月)
最新TV速報
【Globali】
 

英国メディア、人口減少に喘ぐ日本における明石市と流山市の子育て支援策を称賛(2024/03/21)

2月20日付GLOBALi「英国メディア、夫婦同姓義務化を改めない日本について報道」で触れたとおり、日本が男女平等ランキング(GGI、注後記)2023年版で世界157ヵ国中125位と低迷している背景に、1898年に制定された民法に定められた夫婦同姓義務化を一向に改めようとしない社会体制にあると批判された。そしてこの程、別の英国メディアが、少子化に喘ぐ中で、人口増につながる政策を取っている二つの市について好ましく報道している。

3月20日付『ジ・エコノミスト』(1843年創刊の週刊誌)は、人口減少に喘ぐ日本において、関西及び関東の2つの市による人口増政策について好意的に報じている。

日本は先進国の中にあって、最も少子高齢化が進んだ国である。

2023年の出生数は、記録の残る1899年以来初めて80万人を下回った2022年(76万6千人)より更に4万人も少なくなっている。

この結果、合計特殊出生率は1.20となり、2022年に記録した最低値の1.26を更新している。...

全部読む

 

米メディア;IMF統計データで日本は2023年GDPランキングで4位転落は確実で、2026年にはインドにも抜かれて5位と報道(2024/02/14)

国際通貨基金(IMF、1945年創設)は昨年11月、2023年の各国の国内総生産(GDP)予想を発表したが、それによると日本はドイツに抜かれて4位に転落するという。そしてこの程、IMFの直近のデータによると、4位転落は確実で、更に2026年にはインドにも抜かれて5位に沈む見込みとなっていると米メディアが報じている。

2月13日付『ブルームバーグ』オンラインニュースは、2023年の世界GDPランキングで、日本が4位に転落することは確実で、更に2026年にはインドにも抜かれて5位に沈む見込みだと報じている。

IMFが直近で公表した2023年GDP世界ランキングでは、3位の日本が4位のドイツに抜かれることが確実となっている。

内閣府が2月15日に公表するデータで最終結果が判明するが、IMFデータによると、日本:4兆2,300億ドル(2023年為替レートで約596兆円)、ドイツ:4兆5,000億ドル(4兆1,200億ユーロ、約635兆円)となっている。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング