JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年07月15日(月)
最新TV速報
【Globali】
 

IMF専務理事、2023年の世界経済は厳しい年と警告【米メディア】(2023/01/04)

国際通貨基金(IMF、1945年設立)の専務理事が、米メディアの報道番組に出演して、“2023年の世界経済見通しは厳しい”と警鐘を鳴らしている。

1月3日付『ブルームバーグ』オンラインニュース(1981年設立)は、「IMF専務理事、2023年は厳しい年と警告」と題して、2023年の世界経済見通しが厳しいと警鐘を鳴らしたと報じている。

IMFのクリスタリナ・ゲオルギエバ専務理事(69歳、ブルガリア人経済学者、2019年就任)は1月1日、2023年の世界経済は“厳しい年となり、昨年を上回る厳しさ”になると警鐘を鳴らした。

同専務理事が、米メディア『CBS』(1927年開局)の日曜放送の報道番組「フェイス・ザ・ネーション」(1954年放送開始)に出演してコメントしたもので、“世界の三大経済圏-米国・中国・欧州連合(EU)-が揃って同時に景気後退に陥ると予想するからだ”と言及している。...

全部読む

 

世界有数の渋滞都市ダッカで日本融資の鉄道開通【米メディア】(2022/12/28)

バングラデシュ(1971年パキスタンより独立)首都のダッカは、経済成長が著しいこともあって世界有数の人口過密、渋滞都市となっている。このままでいくと、交通渋滞が更に悪化して移動は徒歩の方が早いということもあって、いよいよ渋滞緩和のためのメトロ(高速大量輸送旅客鉄道)が日本融資の下で開通する運びとなった。

12月28日付『ブルームバーグ』オンラインニュース(1981年設立)は、「世界有数の過密都市に初の大量輸送鉄道が開通」と題して、交通渋滞激化が止まらないダッカに、日本融資で建設された初のメトロが開通する運びとなったと報じている。

世界有数の過密都市のバングラデシュ首都に、いよいよ交通渋滞緩和のため、日本融資を受けて建設されたメトロが開通する。

20キロメートル(12.327マイル)の都市鉄道ライン6は12月28日、シェイク・ハシナ首相(75歳、2009年就任)の立会いの下で開通式が行われる。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング