JCCテレビすべて
特集 映画情報
2021年12月02日(木)
最新TV速報
【映画情報】
木村拓哉・報知映画賞で主演男優賞(12月1日)
報知新聞社が制定する「第46回報知映画賞」が決定し、主演男優賞は「マスカレードナイト」の木村拓哉が受賞した。主演女優賞は「地獄の花園」「そして、バトンは渡された」の演技で永野芽郁が受賞。

助演男優賞は「孤狼の血LEVEL2」の鈴木亮平。助演女優賞は寺島しのぶ、「ヤクザと家族The Family」「キネマの神様」「空白」の3作品で受賞。「キャラクター」で俳優デビュー作にして連続殺人犯という難役に挑んだSEKAI NO OWARI・Fukaseが新人賞を受賞。...
全部読む



東京国際映画祭・松居大悟監督「ちょっと思い出しただけ」が観客賞(11月9日)
アジアで最大規模の映画祭東京国際映画祭は最終日の昨日各部門の賞が発表されコンペティション部門では松居大悟監督の「ちょっと思い出しただけ」が観客賞に選ばれた。カップルの出会いから別れまでの6年間を毎年の男性の誕生日を過去に向かって遡りながら描くラブストーリー。

最高賞の東京グランプリには旧ユーゴスラビアから出品された作品で突然自殺した夫の借金で家の所有権を奪われそうになった妻が自分の力で事態を打開しようと奮闘するという物語の「ヴェラは海の夢を見る」が選ばれた。




東京国際映画祭ラインナップ記者会見(9月28日)

東京ミッドタウン日比谷で東京国際映画祭2021のラインナップ記者会見が行われた。

ゲストとして、フェスティバルアンバサダーの橋本愛が登壇。以前から、東京国際映画祭で映画を鑑賞していたり、レッドカーペットを歩いたりと縁があるエピソードを話した。また、期待している作品としてクリント・イーストウッド監督作品「クライ・マッチョ」、田中泯のドキュメンタリー「名付けようのない踊り」(犬童一心監督)を挙げた。

オープニング作品にはクリント・イーストウッド監督「クライ・マッチョ」、クロージング作品にはスティーブン・チョボウスキー監督の「ディア・エヴァン・ハンセン」が紹介された。



































「東京リベンジャーズ」最速記録・興行収入40億円&300万人突破(8月31日)
全国映画動員ランキング9位・「東京リベンジャーズ」(ワーナー映画)が今年度実写映画最速となる興行収入40億円を突破した。

主演の北村匠海を筆頭に、吉沢亮、山田裕貴、眞栄田郷敦ら、旬の俳優がズラリと出演する映画「東京リベンジャーズ」が、早くも興行収入40億円を突破した。今年公開された邦画の実写映画では最速となる52日目で40億円を超え、7月9日の初日からきのうまでに観客動員も300万人を突破する勢いとなっている。


園子温監督のハリウッドデビュー作の映像が初解禁(8月17日)
ニコラスケイジが主演を務め、園子温監督のハリウッドデビュー作の映像が初解禁された。

映画「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」(10月8日(金)公開、ビターズエンド。POGL SALES AND COLLECTIONS. LLC.)は、未来都市・サムライタウンを舞台にニコラスケイジ演じる悪名高き銀行強盗が大暴れするSFアクションだ。


過去の記事
1 2 3 .... .... 9

「映画情報」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組