JCCテレビすべて
特集 世界貿易
2020年07月12日(日)
最新TV速報
【世界貿易】
感染拡大の影響で・先月の輸出額大幅に減少(4月20日)
新型コロナウイルス感染拡大が問題となり、財務省が発表した貿易統計によると先月の輸出額は6兆3579億円で11.7%減(前年同月比)となった。

感染拡大の影響で世界的に経済活動が制限されたため減少幅は2016年7月以来3年8か月ぶりの大きさである。

特に急激な感染拡大した米国への自動車、建設用、鉱山用機械を中心に輸出額が16.5%減少し、EU圏内への輸出額も11.1%減少した。

また中国への輸出額も8.7%減少した。...
全部読む


IMF・世界の経済成長率マイナス3%“世界恐慌以降最悪”見通し(4月15日)
IMFは今年の世界全体の経済成長率について、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、マイナス3%まで大幅に落ち込むとの見通しを発表。1929年に始まった世界恐慌以降で最悪になるとの認識を示した。

リーマンショックの影響を受けた2009年を大きく下回る水準である。

IMFはことし後半までに新型コロナウイルスの世界的な大流行を鎮静化できない場合は、マイナス成長が続く可能性があるとしている。日本銀行・黒田総裁は「感染症の影響をよく見ていく必要がある」とコメントした。


「世界恐慌」以降で最悪(4月10日)
IMF・ゲオルギエワ専務理事は新型コロナウイルスの影響で今年の経済成長率が世界恐慌以降で最悪の水準に落ち込むとの見通しを示した。

IMF・ゲオルギエワ専務理事は今年の世界の経済成長率がマイナスに落ち込むのは明らかだとコメントした。

そのうえでゲオルギエワ専務理事は今年後半パンデミックが終息すれば来年は部分的回復を見込むが予測は不確実だとした。



新型コロナウイルス・国際物流に異例の事態・現場で何が(3月13日)
新型コロナウイルスの感染拡大で国際的な物流の現場では異例の事態が起きている。中国の工場で作られた通常は船で運ぶ自動車部品を出荷の遅れを取り戻すため飛行機で運ぶケースが急増している。

さらに国際的に使いまわすはずのコンテナが中国から輸出する荷物が減ることで中国にたまってしまう状況が起きている。

中国・上海の航空貨物の倉庫にある自動車エンジンに組み込まれる重要部品はトヨタ自動車系列の大手部品メーカーが愛知県の工場で使うため緊急で航空輸送を依頼したものである。...
全部読む



ニューヨーク株式市場・ダウ平均・下落幅・過去最大に(3月13日)
12日のニューヨーク株式市場は新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に深刻な影響を与えるという見方から、ダウ平均株価は下落幅は2352ドルと過去最大の値下がり幅を記録した。終値としては2017年6月の水準まで落ち込んだ。

12日のニューヨーク株式市場は売り注文が殺到し主要株価指数の下落率基準に達し、取引開始後5分ほどで売買が自動停止した。これは株価の急落を防ぐためのサーキットブレーカーと呼ばれる措置で今月9日に続き2度目となる。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 39

「世界貿易」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組