JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月24日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

戦後70年談話に対する韓国の反応

安倍総理の戦後70年談話が14日に発表される。内容を調整中とのことで4つのキーワード(植民地支配、侵略、痛切な反省、心からのおわび)が入っているかどうかが注目されている。この談話の内容に特に関心を強く示しているのが韓国で、以下に戦後70年談話に対する韓国の反応を紹介した。

8月9日付『コリアタイムズ』(韓国)は、「謝罪なしの反省?」との見出しで、「安倍首相の戦後70年談話についての諮問グループは、安倍晋三首相に報告書を提出後、韓国人の間でわずかな望みは失望に変わった」と報じた。「韓国に対する侵略を認めてはいるが、漠然と植民地支配に言及しているだけで、謝罪には何も触れていない」とし、「犠牲者のためではなく自分自身と日本の人々のために、安倍首相には談話を書き換える最後のチャンスを最大限に活用するべきだ」と指摘した。...
全部読む

 

世界が見る安倍首相の歴史的米議会演説

米国連邦議会の上院下院合同会議で、「希望の同盟」との題目で安倍首相の歴史的演説が行われた。演説内容は敵国から同盟国になった日米の和解をアピールし、先の大戦における痛切な反省、戦後日本が歩んできた経済発展、積極的平和主義、安全保障、TPP、米国のリバランス政策への支持、強固な日米同盟など多岐に及ぶもので、スタンディングオベーションが10回起きるなど、総じて好意的に受け止められたが、注目されていた歴史認識についてはどのように語られ、どのような反応があったのか。各国は、安倍首相の歴史的演説について以下のように報じた。

4月30日『ワシントンポスト』(米国)は、「韓国の外交官が、安倍首相が上院下院合同会議の演説で(従軍慰安婦問題で)謝罪をするようホワイトハウスと議会のメンバーに働きかけを行っていたが、演説の中では遠まわしにほのめかしたのみだった」と報じた。
4月30日『ニューヨークタイムズ』(米国)は、「民主党のマイケルホンダ下院議員が元従軍慰安婦を招待したり、民主党マルコルビオ上院議員が演説前に謝罪への期待を口にするなど、安倍首相に対して慰安婦問題について言及を求める強い圧力に直面していた」とした上で、「謝罪はまたもや具体的でなかったものの、演説の中で慰安婦問題に言及がないことを恐れていた一部の韓国当局者は、安倍首相が間接的ながらも”大戦に対する痛切な反省”を表明したことでなんとか安堵した」と報じた。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング