JCCテレビすべて
特集 米国バイデン政権
2022年12月01日(木)
最新TV速報
【米国バイデン政権】
米国大統領・インド首相に“ロシアと距離を”(4月12日)
米国・バイデン大統領はウクライナ情勢をめぐってインドのモディ首相とオンラインで会談し、ロシアから原油の輸入を増やすことはインドの利益にならないとしてロシアと距離を取るよう促した。

米国としてはインドがロシアへの圧力強化の動きに逆行することを阻止したい考え。


米国・政府関係者のコロナ感染相次ぐ(4月11日)
ニューヨーク・アダムス市長が、新型コロナの検査で陽性となった。市長が出席した夕食会では、他にも70人以上の感染が判明している。

バイデン大統領は夕食会には出席しておらず、静かな週末を過ごした。しかし、大統領の側近の何人かが陽性になっている。


バイデン大統領・インド首相とオンライン会談(4月11日)
米国のホワイトハウスは10日、「米国・バイデン大統領とインド・モディ首相がオンラインの会談を11日に行う」と発表した。

ホワイトハウスは声明で、「バイデン大統領は、ウクライナでのロシアによる残酷な戦争と世界の食糧供給を不安定にしている状況を解消するために緊密な協議を続ける」と強調した。米国としては、ロシアを非難も支持もしない立場を示すインドに対して厳しい姿勢をとるよう働きかけるものとみられる。


米国下院議長・コロナ感染で訪日延期(4月8日)
米国・ペロシ下院議長は複数の議員とともに日本を訪れ岸田総理大臣や細田衆議院議長らと会談し、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が続くなか、今後のロシアへの対応やウクライナへの支援などについて意見を交わす予定だった。

ペロシ議長の事務所スタッフはTwitterで「ペロシ下院議長が新型コロナウイルスの検査で陽性になった」としたうえで日本を含むアジアの訪問を延期することを明らかにした。今のところ症状はないという。米国CDC(疾病対策センター)の指針に基づき自主隔離に入るという。


米国・過去最大規模で石油備蓄放出へ(4月1日)
米国・バイデン政権はロシアによるウクライナへの軍事侵攻をきっかけに記録的な高値になっているガソリン価格を抑えるため、過去最大規模で追加の石油備蓄の放出を実施すると発表した。

米国は先月、日本やヨーロッパ各国などのエネルギー消費国で作るIAEAの加盟国とともに、石油備蓄放出を決定。今回の追加措置も協調して進めたい考えで、IAEAの会合で各国と協議することにしている。

発表を受けてニューヨーク原油市場では、国際的な原油の先物価格の上昇傾向にひとまず歯止めがかかっている。...
全部読む



過去の記事
1 ... 20 21 22 . 30 40 50 . 83

「米国バイデン政権」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組