JCCテレビすべて
特集 中国情勢
2024年05月27日(月)
最新TV速報
【中国情勢】
更新を終了しています
沖縄南・中国の空母で発着100回以上(5月10日)
岸防衛大臣は沖縄県の南の太平洋を航行していた中国海軍の空母・遼寧で戦闘機やヘリコプターの発着が100回以上確認されたことを明らかにしたうえで、日本の南西諸島や台湾に近接した地域での活動であり懸念を持って注視する考えを示した。

防衛省は空母・遼寧が沖縄本島と宮古島の間の海域を南下して太平洋に出たことを確認し警戒と監視を続けている。



中国・日系自動車販売・大幅減(5月10日)
世界最大の自動車市場・中国で日系の自動車メーカーが先月、販売した新車の台数は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でトヨタ自動車が去年の同じ月から30%余り減少するなど、各社とも大幅な落ち込みとなった。

各メーカーが発表した中国での先月の新車販売台数はトヨタ自動車がおよそ11万1000台で去年の同じ月から30.7%減少、ホンダがおよそ9万5000台で36.3%、日産自動車はおよそ6万9000台で46%、それぞれ減少し、いずれも大幅に落ち込んだ。...
全部読む


世界経済の足引っ張る中国のゼロコロナ政策(5月7日)
6日の中国・香港株式市場は大幅安で終了した。中国政府が「ゼロコロナ」政策を徹底し、景気が一段と鈍化するとの見方が強まり不安が高まったためである。

コロナ感染初期にはコロナを抑えるための強力な手段として評価されていた中国の「ゼロコロナ」政策であったが、今では世界経済の足を引っ張るお荷物になる可能性もあると見られている。

コロナでストップしていた工場が再稼働し物流が急回復しつつあった矢先、中国・上海のロックダウンが水を差したことがその始まりである。...
全部読む



中国“空母「遼寧」西太平洋で実戦訓練” (5月4日)
中国海軍は空母「遼寧」の部隊が西太平洋の海域で実戦訓練を実施したと発表した。

海軍力を誇示するとともに、台湾への関与を強める米国・バイデン政権をけん制する狙いもあるとみられる。日本の防衛省はおととい、空母「遼寧」が7隻の艦艇と東シナ海から太平洋に出たのを確認していた。


セルビア・中国の地対空ミサイル購入(5月2日)
ヨーロッパ南東部のバルカン半島にあるセルビアが中国から購入した地対空ミサイルを披露した。セルビアの兵器のほとんどがロシア製か中国製。セルビアはEUへの加盟を正式に申請しているが米国からは中国のミサイルを購入しないよう警告されていた。

セルビア・ブチッチ大統領は「新たな軍用品は誰の脅威にもならない。攻撃しようとする者に対する強力な抑止力となるだけだ」とした上で「セルビアは誰かにサンドバッグのように扱われることを金輪際許さない」と述べた。...
全部読む


過去の記事
1 ... 49 50 51 . 60 70 80 . 207

「中国情勢」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング