JCCテレビすべて
特集 中国情勢
2024年05月27日(月)
最新TV速報
【中国情勢】
更新を終了しています
中国・黒鉛・輸出規制・日本企業は懸念(11月27日)
リチウム電池の材料となる黒鉛。来月から中国の輸出規制の対象となる。

福島・郡山の会社は中国などから輸入した黒鉛を工場で加工して、さまざまな製品の材料としてメーカーなどに供給している。

特にEV向けなどで需要が高まっているリチウムイオン電池の材料として使う球状化黒鉛はすべてを中国から輸入しているため規制が始まれば手続きに時間がかかり、生産計画などに影響が出ることを懸念している。

このため在庫を確保しようと今月は中国からの輸入量を例年のおよそ1.5倍に増やしたほか、状況によってはアフリカからの輸入を増やすことも検討するとしている。...
全部読む



中国「白紙運動」から1年・当局は監視強化(11月26日)
中国では去年11月、「ゼロコロナ」政策への不満を背景に、抗議活動が各地で広がり、参加した若者は抗議の意思を示す白い紙を掲げたことから「白紙運動」とも呼ばれている。

その後、習近平指導部が「ゼロコロナ」政策を急きょ終了させ、表立った抗議活動は見られなくなった。中国では景気の先行きに不透明感が広がる中、当局は人々の不満が体制批判につながることを警戒している。

当局は、SNS上のアカウントへの管理を進めるなど監視を強化している。...
全部読む


公明党・山口代表・中国・王毅外相と会談(11月23日)
中国を訪れている公明党・山口代表は、中国・王毅外相と会談した。両氏は、建設的で安定的な両国関係を築いていくため、さまざまなレベルで対話を重ねていくことで一致した。

一方、山口代表は日本産水産物の輸入停止措置の撤廃を求めたのに対し、王外相は「中国は食の安全や国民の健康を重視している。中国として処理水の海洋放出の状況を独自にモニタリングできる機会を作ってほしい」と主張した。

山口代表は「信頼を醸成していく営みが、これからの日中関係の改善の方向性を決定づける」と語った。


中国・国営メディア“米中・軍のハイレベル対話・再開で合意”(11月16日)
米国のバイデン大統領と中国の習近平国家主席による1年ぶりの首脳会談が、米国西海岸で行われた。

中国国営の新華社通信は首脳会談の結果について、「平等と尊重に基づいて両軍のハイレベル対話の再開に合意した」と伝えた。


中国・病院が人身売買・温床に・偽の出生証明・違法販売か(11月13日)
中国では人身売買された子どもの新たな戸籍を取得するために、偽の出生証明を違法に販売したとして、病院の責任者が各地で相次いで拘束され、病院が犯罪の温床となっている実態が浮き彫りとなっている。

行方不明になった子どもなどの情報提供を呼びかける人たちがいる。中国では農村部を中心に、跡継ぎや労働の担い手として男の子を欲しがる風潮などもあることから、子どもが誘拐され、人身売買の被害に遭う事件が相次いでいる。...
全部読む


過去の記事
1 ... 3 4 5 . 10 20 30 . 207

「中国情勢」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング