JCCテレビすべて
特集 脚光浴びる将棋
2019年12月13日(金)
最新TV速報
【脚光浴びる将棋】
王将戦(2月25日)
久保利明王将に渡辺明棋王が挑戦する、第68期王将戦7番勝負の第4局が2月24日から25日にかけて、沖縄県那覇市で行われた。25日17時53分、96手で後手の渡辺棋王が勝利した。これで対戦成績は渡辺の4勝0敗となり、渡辺棋王が王将位を奪取した。


里見女流四冠が10連覇・歴代最多記録(2月18日)
里見女流四冠は女流名人戦五番勝負で伊藤女流二段に勝利し3勝1敗でタイトル防衛を決め、女流名人の10連覇を達成した。

女流タイトルの連覇記録としては現在は日本将棋連盟を退会している林葉直子が平成3年に達成した「女流王将」10連覇の歴代最多記録に並んだ。


藤井七段・朝日杯連覇(2月16日)
藤井聡太七段が朝日杯将棋オープン戦の決勝戦で渡辺明棋王と対局し、128手で勝利。朝日杯の連覇を決めた。

朝日杯連覇は羽生善治九段以来史上2人目となる。


藤井七段連勝ストップ・師匠も敗れる(2月5日)
C級2組順位戦9回戦が行われ、藤井聡太七段は近藤誠也五段と対戦、136手で近藤五段が勝利した。藤井七段が敗れ、師匠の杉本七段も敗れたため1敗で4人が並ぶこととなった。

藤井七段は4人の中で最も順位が下のため、昇級するには自分が勝ったうえで上位の2人が敗れる必要がある。


朝日杯将棋オープン戦(1月21日)
1月20日、朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント1,2回線が行われた。藤井聡太七段は、稲葉陽八段、糸谷哲郎八段に連勝、ベスト4進出を決めた。


過去の記事
1 ... 2 3 4 . 10 20 . 27

「脚光浴びる将棋」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組