JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる話題
2021年12月02日(木)
最新TV速報
【気になる話題】
藤井聡太] (7件/週)

12/02 12:20 BS1 【みみより!くらし解説】
渡辺明三冠は2日制の鬼と呼ばれていて、めっぽう強い。
師匠・杉本昌隆八段によると「陸上に例えると2日制はマラソン、1日制は中距離走。
ペース配分が変わってくる。
渡辺三冠は抜群にうまい」という。
藤井のペース配分が注目。
藤井のすべてのタイトル独占はハードルが高い。
過去全冠制覇は羽生善治九段1996年。
最短だと、再来年度八冠独占の可能性がある。
杉本八段は「決して夢ではない」という。
藤井は「強くなることを目標」と語っている。
杉本八段は「納得できる将棋が差せるかにこだわっている」「棋士の中でも珍しいタイプ」と解説。
藤井の活躍ぶりと共にライバル棋士の巻き返しに注目していきたい。
解説委員・名越章浩のコメント。

12/02 12:15 BS1 【みみより!くらし解説】
藤井聡太が四冠(竜王、王位、叡王、棋聖)となった。
四冠は6人目で史上最年少。
それまでは羽生善治九段1933年22歳9か月。
藤井聡太は豊島九段をやぶった。
日本将棋連盟HPによると、藤井の勝率は8割2分6厘、2016年以降毎年8割超。
4強時代(渡辺明三冠、永瀬拓矢王座、豊島将之九段、藤井聡太4冠)の紹介。
今年度のうちに藤井が5冠の可能性がある。
予選が終わっていて、年明けから王将戦がある。
現在王将を持っているのは渡辺明。
過去五冠達成したひとは3人。
藤井は今年棋聖の防衛で渡辺明に3連勝しているが、師匠・杉本昌隆八段は棋聖戦の時とは違うと話す。
違いは7番勝負か、5番勝負か、2日制か1日制かだ。
解説委員・名越章浩のコメント。

12/02 10:10 NHK総合・東京 【みみより!くらし解説】
渡辺明三冠は2日制の鬼と呼ばれていて、めっぽう強い。
師匠・杉本昌隆八段によると「陸上に例えると2日制はマラソン、1日制は中距離走。
ペース配分が変わってくる。
渡辺三冠は抜群にうまい」という。
藤井のペース配分が注目。
藤井のすべてのタイトル独占はハードルが高い。
過去全冠制覇は羽生善治九段1996年。
最短だと、再来年度八冠独占の可能性がある。
杉本八段は「決して夢ではない」という。
藤井は「強くなることを目標」と語っている。
杉本八段は「納得できる将棋が差せるかにこだわっている」「棋士の中でも珍しいタイプ」と解説。
藤井の活躍ぶりと共にライバル棋士の巻き返しに注目していきたい。
解説委員・名越章浩のコメント。

12/02 10:05 NHK総合・東京 【みみより!くらし解説】
藤井聡太が四冠(竜王、王位、叡王、棋聖)となった。
四冠は6人目で史上最年少。
それまでは羽生善治九段1933年22歳9か月。
藤井聡太は豊島九段をやぶった。
日本将棋連盟HPによると、藤井の勝率は8割2分6厘、2016年以降毎年8割超。
4強時代(渡辺明三冠、永瀬拓矢王座、豊島将之九段、藤井聡太4冠)の紹介。
今年度のうちに藤井が5冠の可能性がある。
予選が終わっていて、年明けから王将戦がある。
現在王将を持っているのは渡辺明。
過去五冠達成したひとは3人。
藤井は今年棋聖の防衛で渡辺明に3連勝しているが、師匠・杉本昌隆八段は棋聖戦の時とは違うと話す。
違いは7番勝負か、5番勝負か、2日制か1日制かだ。
解説委員・名越章浩のコメント。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組