JCCテレビすべて
話題の記事集 いま海外は
2019年12月16日(月)
最新TV速報
【いま海外は】
プーチン大統領] (57件/週)

12/15 18:24 NHK総合・東京 【これでわかった!世界のいま】
ウクライナ・ゼレンスキー大統領は元コメディアンで政治経験ゼロ。
ドラマで大統領役を演じた。
ゼレンスキー大統領が先週ロシア・プーチン大統領と会談。
ウクライナで5年にわたって続く紛争を止めさせるための会談。
戦っているのはウクライナ軍とロシアが支援する武装勢力で、1万3000人が死亡。
フランスとドイツが仲介に入り、3年ぶりの会談にこぎ着けた。
ロシアと国境を接するウクライナ東部はロシア系の住民が多く、ウクライナから独立してロシアの一部になりたいと考えた。
親ロシア派がウクライナ軍と衝突し、この地域を選挙。
ロシアは親ロシア派に武器や兵士を送り込み実効支配を支援。
今回の会談では年末までの停戦と捕虜の交換などで一致。
ロシアの真の狙いはウクライナのNATO加盟阻止。
NATOは米国中心の軍事同盟。
榊原郁恵のスタジオコメント。
米国・オバマ前大統領、トランプ大統領、ウクライナ疑惑について言及あり。
ドイツ・メルケル首相、フランス・マクロン大統領の映像。
(中継)ロシア・モスクワ。

12/15 08:23 TBSテレビ 【サンデーモーニング】
火力発電の中で温室効果ガスの排出量が最も多い石炭火力発電。
ヨーロッパ各国が撤廃に向けて動く中、今も発電量全体の26.9%が石炭火力発電の日本(2016年資源エネルギー庁より)は国際社会から厳しい批判を浴びている。
11日、COP25で演説を行った小泉進次郎環境相。
その発言が注目されたが石炭火力発電の具体的な削減策には踏み込むことはなかったが、国内の温室効果ガスの排出量が5年連続で削減されていることをアピール。
しかし、同じ日、COPの期間中「温室効果ガスの削減に最も消極的な国」に毎日贈られる化石賞を今月3日に続いて再び日本が受賞。
さらにこの日、COPの公式イベントで演説したトゥンベリは「巧妙な計算とPRだけで実際には何もしていないのに、実際のところ何も実行されていないという事実にどう反応するつもりですか」と述べた。
16歳の少女が突き付けた厳しい問いに世界はどう答えるのか?石炭火力発電廃止政策・フランス2022年、英国2025年、イタリア2025年、ドイツ2038年、日本未定、現在22の石炭火力発電所の新設計画・稼働すればCO2排出量・年間7474万トン増(出典:NPO気候ネットワーク調査)、ベトナム、インドネシアなどへの輸出継続・日本の投資額など総額2.8兆円(出典:環境・持続社会研究センター調査より)、再生可能エネルギーの割合・イタリア17.2%、ドイツ12.5%、フランス10.1%、英国8.6%、日本5.2%を紹介。
一般社団法人「Colabo」代表・仁藤夢乃(ロシア・プーチン大統領について)、毎日新聞論説委員・与良正男(安倍総理、福島・のどぐろについて)のスタジオコメント。
トランプ大統領、環境省に言及。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組