JCCテレビすべて
話題の記事集 いま海外は
2018年04月26日(木)
最新TV速報
【いま海外は】
プーチン大統領] (34件/週)

04/26 07:21 BS1 【キャッチ!世界のトップニュース】
記録的な得票数で圧勝したロシアのプーチン大統領。
こうした中来月の大統領就任式を前に誰が首相に指名されるのか、権力闘争が表面化している。
メドベージェフ首相に近い財閥のマガメドフ兄弟がモスクワで摘発され大きな波紋を呼んだ。
ポストプーチンをにらんだ権力闘争の行方を読み解く。
石川一洋解説委員による解説。
プーチン一強体制は全く変わらないが様々なグループがお互いの利益、権益、影響力を競い合っている。
6年間プーチン体制は内政的には極めて安定していた。
メドベージェフ首相、主要閣僚もほとんど変わらなかった。
5月7日の就任前に誰が首相になるか様々な動きが出ている。
先日摘発されたマガメドフ兄弟はスマグループを創立、エネルギー輸送、港湾、建設業、農業など幅広く手がけ、メドベージェフ大統領時代のもと、急速に成長した。
今回の摘発の容疑は多額の国家予算の横領容疑。
メドベージェフ首相やドボルコビッチ副首相など関係者らが捜索を受けたといわれており、ロシアではメドベージェフ首相がプーチン後継として足場を固めることを快く思わないグループが、メドベージェフ派を狙い撃ちしたのではないかという見方が有力となっている。
しかしプーチン大統領への忠誠心が大きいメドベージェフの再任が有力との見方が強まっている。
内閣を交代させると内政が不安定化する恐れがあるため、安定か変化かプーチン大統領の選択が迫られる。
ロシア憲法、スマグループ創設者ジャブディンマガメドフ、ドボルコビッチ副首相、サッカーW杯、クドリン元財務相、ナビウリナ中央銀行総裁、ウクライナ危機、ワイノ大統領府長官、ロシア大使館、日ロ関係に言及。

04/25 22:31 BSジャパン 【日経プラス10】
先達て米国・フランス・英国がシリアに対して軍事攻撃を行ったが、アサド政権を根絶するほどの軍事行動を米国は取らずにいる理由について東京外語大学教授・青山弘之は「一番注目するのは攻撃を行って米国・トランプ大統領、英国の首脳もアサド政権を倒すことが目的ではないと言っている。
空爆の背景にはトランプ大統領はオバマ大統領の時と同じように『有言不実行だ』といわれるということもあったがもう一つシリアという国が米国や西側にとって経済的な旨味がないということも改めて感じ取れたのかなと思う」と分析する。
さらに「シリア略年表」について解説。
ロシア・プーチン大統領の映像。

04/25 17:41 BS1 【BS世界のドキュメンタリー】
ロシア・プーチン大統領と米国の因縁はどこから始まりどこに向かうのか。
その内幕に迫る。
2016年の米国大統領選では、スキャンダルによりドナルドトランプの当選は絶望的かと思われていた。
ところがトランプの音声が公開された直後、ロシアのハッカーがクリントンの選挙対策本部長のグーグルアカウントから盗んだメールが突然ウィキリークスで公表された。
ドナルドトランプの想定外の勝利はプーチンの威信を高めた。
ロシア・モスクワの映像。
クリントン選対本部長・ジョンポデスタ、クリントン選挙運動責任者・ロビームック、ニューヨーカー誌・ライアンリッザ、ワシントンポスト紙・ダンバルツ、「ザレッドウェブ」共著者・アンドレイソルダトフ、ロシア人政治学者・ニコライペトロフ、プーチンの元顧問・グレブパヴロフスキー、ワシントンポスト紙・ロバートコスタ、ワシントンポスト紙・デイヴィッドEホフマン、CIA長官・ジョンブレナンのコメント。

04/25 17:30 BS1 【BS世界のドキュメンタリー】
ロシア・プーチン大統領と米国の因縁はどこから始まりどこに向かうのか。
その内幕に迫る。
2016年の米国大統領選のさなか、民主党全国委員会から流出した大量のメールが内部告発サイト・ウィキリークスで公開された。
プーチン大統領は流出事件の首謀者であることを否定したが、オバマ大統領はG20の場で深刻な懸念を伝えた。
ドナルドトランプのスキャンダルがニュースを独占し、ロシアが選挙に介入しているというニュースは脇に追いやられた。
米国・ワシントン、ホワイトハウス、中国・杭州、ヒラリークリントンの映像。
ロシア・プーチン大統領、アトランティック誌・ジョリアヨッフェ、国防次官補代理・エヴリンファルカス、CIA長官・ジョンブレナン、ワシントンポスト紙・ディヴィッドEホフマン、ニューヨーカー紙・エヴァンオスノス、国務副長官・アントニーブリンケン、国土安全保障省長官・ジェイジョンソン、国家情報長官・ジェームズクラッパー、ニューヨークタイムズ紙・デイヴィッドサンガー、ワシントンポスト紙・エレンナカシマ、ブルームバーグニュース・ティモシーオブライエン、ワシントンポスト紙・グレッグミラーのコメント。

04/25 17:19 BS1 【BS世界のドキュメンタリー】
ロシア・プーチン大統領と米国の因縁はどこから始まりどこに向かうのか。
その内幕に迫る。
2016年の米国大統領選はロシアにとって民主主義を攻撃するチャンスだった。
サイバー攻撃は早い段階で検知されていた。
民主党全国委員会から流出した大量のメールが内部告発サイト・ウィキリークスで公開され党内に激震が走った。
APT29、FBI、オバマ政権、安全保障に言及。
ドナルドトランプの演説。
ワシントンポスト紙・エレンナカシマ、ニューヨークタイムズ紙・デイヴィッドサンガー、ニューヨーカー紙・ライアンリッザ、ワシントンポスト紙・グレッグミラー、「オールザクレムリンズメン」著者・ミハイルズィガリ、ニューヨークタイムズ紙・スコットシェイン、「クレムリンライジング」共著者・ピーターベイカー、ワシントンポスト紙・ロナートコスタ、国家情報長官・ジェームズクラッパー、国務省首席補佐官・ジョンファイナー、ポリティコ特派員・マイケルクロウリー、CIA長官・ジョンブレナン、国務次官補・ヴィクトリアヌーランド、アトランティック誌・ジョリアヨッフェのコメント。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組