JCCテレビすべて
話題の記事集 いま海外は
2021年12月02日(木)
最新TV速報
【いま海外は】
バイデン大統領] (156件/週)

12/02 15:02 BS1 【ワールドニュース アメリカ】
トランプ前大統領がバイデン大統領との最初の大統領選の討論会の3日前に「新型コロナウイルス検査で陽性反応が出ていたが討論会には出ていた」との新たな報道。
情報源はトランプ前政権で大統領首席補佐官を務めたメドウズとされている。

12/02 14:56 BS1 【BSニュース】
米国のバイデン大統領は今月9日と10日の2日間、民主主義サミットを初めて開催する予定。
日本やヨーロッパの各国などおよそ110の国と地域が招待されているが、米国が「専制主義国家」と位置づける中国やロシアは含まれていない。
これについてロシア外務省は声明を発表し「米国やその同盟国は言論の自由や選挙制度などで慢性的な問題を抱えており、民主主義の道しるべにはなれないし、なるべきではない」などと痛烈に批判した。
さらに米国のアフガニスタン政策などを例に挙げて「民主化を押しつける軍事的な冒険が血生臭い戦争を引き起こし、国家的な悲劇をもたらした」と皮肉を込め、サミットの動きを注視していくとしている。
バイデン政権には同盟国などとの連携を強化し、中国やロシアに対抗するねらいがあるとみられていて、ロシアはこうした動きを強くけん制した形。
カブールの映像。

12/02 13:51 BS1 【BSニュース】
米国のバイデン政権が民主主義国の首脳などが参加する民主主義サミットを来週開催することに対し、ロシア外務省は声明を発表し民主主義の道標にはなれないしなるべきではないと痛烈に批判した。
バイデン大統領は今月9日と10日の2日間民主主義サミットを初めて開催する予定。
日本やヨーロッパの各国などおよそ110の国と地域が招待されているが米国が専制主義国家と位置づける中国やロシアは含まれていない。
これについてロシア外務省は声明を発表し米国やその同盟国は言論の自由や選挙制度などで慢性的な問題を抱えており民主主義の道標にはなれないしなるべきではないなどと痛烈に批判した。
さらに米国のアフガニスタン政策などを例に挙げて民主化を押し付ける軍事的な冒険が血生臭い戦争を引き起こし国家的な悲劇をもたらしたと皮肉を込め、サミットの動きを注視していくとしている。
バイデン政権には同盟国などとの連携を強化し中国やロシアに対抗する狙いがあるとみられていて、ロシアはこうした動きを強く牽制した形。
ロシア外務省の声明文、カブールの映像。

12/02 02:05 NHK総合・東京 【国際報道2021】
米国中西部・ミシガン州の高校で、この高校に通う男子生徒が銃を乱射し、生徒3人が死亡、8人がケガをした。
ミシガン州オークランドにある高校で、日本時間のきょう未明、「銃の乱射があった」と警察に通報があった。
地元の警察によると、銃を乱射したのはこの高校に通う男子生徒で、銃撃によって男女3人の生徒が死亡、8人がケガをしたという。
警察は、男子生徒の身柄を確保して動機などを調べている。
事件を受けてバイデン大統領は、会見で「地域住民の全員がショックを受けている」と述べ、哀悼の意を示した。
米国・ミシガン州、ミネソタ州の映像。

12/02 01:35 NHK総合・東京 【国際報道2021】
米国のタリバンに対する懸念、その1つが「タリバンによる前政権への報復」問題。
タリバンは前政権の職員には報復せず恩赦を与えると主張してきたが、ここにきて問題になっている。
タリバン復権後に前政権の治安組織の職員47人の「殺害」「共生失踪」を確認したとしている。
タリバンは国際社会から支援を引き出すためにも女子教育に前向きな姿勢を見せ始めているが、新たな懸念も生じ欧米の間ではタリバンの統治に懐疑的な見方が続いている。
米国・ウエスト特別代表、バイデン大統領の写真。

12/01 23:40 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が経済にも様々な影響を及ぼす中、高値となっているガソリン価格は今後どうなっていくのか、産油国の会合が始まる。
年末年始の帰省ラッシュを控えるなか、きょう発表されたガソリンの平均小売価格は1リットルあたり168.6円と依然高止まりが続いている。
背景にあるのが高騰が続いてきた原油価格。
米国・バイデン大統領はホワイトハウスで「ガソリン価格の高騰は産油国や大企業が需要に見合った生産をしていないからだ。
他の国々と協調し、問題を解決する」と述べた。
これまで日本や米国など主要な原油消費国が備蓄する石油の放出で協調し、結束をアピール。
産油国に価格安定に向けた対応を迫ってきた。
午後11時からOPEC・石油輸出国機構の協議が始まる。
高騰が続いてきた原油先物価格。
オミクロン株の情報が出るや急落(ニューヨーク原油先物)。
今回の産油国の協議では追加の増産を見送る公算が大きくなっている。
インド・モディ首相、岸田総理大臣、中国・習近平国家主席の映像。

12/01 22:40 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が経済にも様々な影響を及ぼす中、高値となっているガソリン価格は今後どうなっていくのか、産油国の会合が始まる。
年末年始の帰省ラッシュを控えるなか、きょう発表されたガソリンの平均小売価格は1リットルあたり168.6円と依然高止まりが続いている。
背景にあるのが高騰が続いてきた原油価格。
米国・バイデン大統領はホワイトハウスで「ガソリン価格の高騰は産油国や大企業が需要に見合った生産をしていないからだ。
他の国々と協調し、問題を解決する」と述べた。
これまで日本や米国など主要な原油消費国が備蓄する石油の放出で協調し、結束をアピール。
産油国に価格安定に向けた対応を迫ってきた。
午後11時からOPEC・石油輸出国機構の協議が始まる。
高騰が続いてきた原油先物価格。
オミクロン株の情報が出るや急落(ニューヨーク原油先物)。
今回の産油国の協議では追加の増産を見送る公算が大きくなっている。
インド・モディ首相、岸田総理大臣、中国・習近平国家主席の映像。

12/01 22:34 BS1 【国際報道2021】
米国中西部・ミシガン州の高校で、この高校に通う男子生徒が銃を乱射し、生徒3人が死亡、8人がケガをした。
ミシガン州オークランドにある高校で、日本時間のきょう未明、「銃の乱射があった」と警察に通報があった。
地元の警察によると、銃を乱射したのはこの高校に通う男子生徒で、銃撃によって男女3人の生徒が死亡、8人がケガをしたという。
警察は、男子生徒の身柄を確保して動機などを調べている。
事件を受けてバイデン大統領は、会見で「地域住民の全員がショックを受けている」と述べ、哀悼の意を示した。
米国・ミシガン州、ミネソタ州の映像。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組