JCCテレビすべて
特集 トランプウォッチャー
2017年04月25日(火)
最新TV速報
     
【トランプウォッチャー】
ドナルド・トランプ
『トップニュース』
4月20日、トランプ大統領はイタリアのパオロ・ジェンティローニ首相と首脳会談をした。


4月18日、トランプ大統領は「H-1Bビザ」と呼ばれる専門職の就労ビザの厳格化する大統領令に署名をした。IT企業などで多くの外国人技術者を雇っている企業に影響が出る可能性がある。また、今回の大統領令では公共事業でのアメリカ製品を優先して購入することも盛り込まれている。




4月11日、トランプ大統領はフェイスブックやツイッターで「北朝鮮はもめ事を招いている。中国が協力を決断するなら素晴らしい。そうでないなら中国抜きでも我々が問題を解決する。」と投稿した。




4月6、7日、米中首脳会談はフロリダ州のトランプ大統領の別荘で行われた。トランプ大統領は「米中関係を大きく進展させたと思う」と述べ、習近平国家主席は「長時間にわたりじっくりと話し合い、多くの分野で重要な共通認識に至った」と述べた。北朝鮮の問題で両首脳は国連安保理決議の完全な履行に向け協力を強化することを確認した。



『時流』トランプ関連
『時流』より
北朝鮮・中国を批判(4月22日)
北朝鮮は「周辺国が我々を公に脅している」として、石炭の輸入停止など制裁を強めようとする中国を批判し、「制裁に執着するなら我々との関係に及ぼす破局的な結果も覚悟すべき」と警告した...

北朝鮮危機に米国は動く・その時日本は(4月21日)
挑発を続ける北朝鮮について、米国・ティラーソン国務長官はテロ支援国家への再指定を検討していることを明らかにした。...
全部読む

『風の流れ』トランプ関連
『風の流れ』より
G20・無難に終わったが、成果に乏しい会合となった(4月22日)
G20・20の国と地域の財務相中央銀行総裁会議の2日目が始まった。初日の会合では北朝鮮情勢やフランス大統領選など地政学リスクが経済に与える影響についてが議論の中心となった...

米国はどこまで「為替」問題を追求するか(4月21日)
G20・20の国と地域の財務相中央銀行総裁会議が間もなく、ワシントンで始まる。...
全部読む

『Globali』トランプ関連
Globali(グローバルアイ)より
オーストラリアも国民第一(2017/04/20)
オーストラリア政府は、オーストラリア国民を優先し、市民権取得の要件を厳格化する計画を発表した...

米・英・中国メディア;IMF、世界経済見通しを上方修正(2017/04/20)
4月19日付【風の流れ:ぶつかり合う世界貿易ルール】で触れられているとおり、国際通貨基金(IMF)は、4月20日からワシントン特別区で開かれる主要20ヵ国(G-20)財務相・中央銀行総裁会議に向けて、最新の世界経済見通しを公表した...

米国・ティラーソン国務長官、イラン政策の見直しを検討(2017/04/20)
アメリカのレックス・ティラーソン国務長官は「アメリカのイラン政策の見直しを検討する」と発表し、「イランは中東地域の平和を乱し、治安や政治を不安定化させる国である。...
全部読む

トランプ大統領最新報道

署名された大統領令(Executive Orders)
4月21日
・税負担を軽減するための調査

4月18日
・外国人就労ビザ厳格化(アメリカ人の雇用を優先)、及び、アメリカ製品の購入を優先

3月31日
・貿易赤字の原因調査や報告を指示
・反ダンピング関税などの関税徴収強化
・司法省の人事(2月9日のExecutive Orderの取り消し)

3月29日
・薬物中毒やオピオイド危機に対応する委員会の設置

3月28日
・米国産エネルギー開発の促進

3月27日
・オバマ前大統領が署名した連邦請負業者に関する3つのExecutive Ordersを廃止。...
全部読む

トランプ大統領 首脳会談日程
4月20日
イタリア:パオロ・ジェンティローニ首相(ホワイトハウス)

4月6、7日
中国:習近平国家主席(フロリダ州トランプ大統領の別荘)

4月5日
ヨルダン・アブドラ国王(ホワイトハウス)

4月3日
エジプト:シシ大統領(ホワイトハウス)

3月30日
デンマーク:ラース・ラスムセン首相(ホワイトハウス)

3月20日
イラク:アバディ首相(ホワイトハウス...
全部読む

日米首脳会談
10日に行われた安倍首相とトランプ大統領の日米首脳会談では、日米同盟強化の方針と経済関係強化の方針で一致した。沖縄・尖閣諸島は米国による防衛義務の範囲内であることを確認。普天間基地移転問題は、辺野古への移設が唯一の解決策であることも確認された。


出来事
日本時間4月7日、トランプ大統領はシリア・アサド政権の軍事施設にミサイル攻撃を指示したと表明。米国軍の駆逐艦からシリア軍の飛行場など複数の軍事施設に巡航ミサイルに50発以上を発射した。




4月5日、トランプ大統領はバノン氏を国家安全保障会議(NSC)の常任メンバーから外し、米国軍・統合参謀本部議長などを常任メンバーに戻した。以前から、バノン氏のNSCの常任メンバー入りには批判があった。また、マイケル・フリン氏の後任として就任していたマクマスター国家安全保障担当大統領補佐官がNSCを取り仕切ると報道されている。



「入国禁止の大統領令」問題
3月15日(アメリカ現地時間)、ハワイ州連邦裁判所は3月6日にトランプ大統領が署名した入国制限の大統領令に対して、3月16日の入国制限執行の前に執行停止の仮処分を決定した。




米国元高官ら134人が6日にトランプ大統領が署名した入国制限の大統領令への懸念を伝える書簡を発表した。...
全部読む

盗聴問題
選挙期間中にオバマ前大統領がトランプ大統領の電話を盗聴していたと批判。ホワイトハウスのスパイサー報道官は議会に対して、オバマ前政権による捜査権限の乱用がなかったか調査を求めると発表した。一方、オバマ前政権の報道官は「事実無根だ」と全面否定。共和党の議員からも「証拠を示すべき」との声が上がっている。




対メキシコ関連ニュース

対カナダ関連ニュース
13日、トランプ大統領はカナダ・トルドー首相と会談。合同会見で、トランプ大統領はアメリカ・カナダ・メキシコで結んでいるNAFTA(北米自由貿易協定)についてカナダとは微調整するが、メキシコとは見直す考えを示した。また、エネルギー安全保障と環境問題についても触れ、キーストーンXLパイプラインについても言及した。


米国経済関連ニュース

スティーブ・バノン関連のニュース
スティーブ・バノン(Steve Bannon)大統領主席戦略官および上級顧問は、28日の大統領覚書『Presidential Memorandum Organization of the National Security Council and the Homeland Security Council』で国家安全保障会議(NSC)の常任メンバーに加えられた。


▲画面のトップへ