JCCテレビすべて
特集ch 旅行
2018年10月23日(火)
最新TV速報
【旅行】
道の駅情報] (23件/週)


10/23 13:21 テレビ朝日 【ワイドスクランブル】
夕刊フジの報道を紹介。
大阪府警富田林署から逃走し、加重逃走罪などで起訴された被告の逮捕に協力したとして、府警OB有志らが出資した200万円の私的懸賞金が、山口県周南市の道の駅の運営法人など2法人に全額支払われる事がわかった。
府警は23日、道の駅「ソレーネ周南」を運営する一般社団法人「周南ツーリズム協議会」と女性警備員2人に感謝状を贈呈する。
懸賞金の行方をめぐっては、道の駅側が被告を万引き犯として確保した為、懸賞金の基準に該当しないとの見方もあり、ツイッターでは「ケチやな~」との批判もあった。
一方で10月上旬の時点では府警関係者が「検討中の段階。
警備員も対象に入っている可能性はある」との話しもあり、道の駅関係者の貢献は大きいと判断したようだ。
山口・周南市、被告が確保された道の駅の映像。
撮影協力:ABC。
共同通信社編集委員兼論説委員・太田昌克のスタジオコメント。

10/23 10:35 TBSテレビ 【ひるおび!】
きのう午後10時から「大島大橋」は全面通行止め。
水道管復旧の目途が立たない上に、大島大橋通行止めで山口県内他市から水の補給が困難になっている。
きょう午前9時30分から町内4か所限定で臨時給水。
大島大橋の代替輸送として1日4往復の臨時連絡船(椋野漁港から柳井港)。
インターネット、インターネット電話が利用不可。
きのう午後から道の駅「サザンセトとうわ」は断水やネット障害の影響で復旧までの間、営業休止。
立川志らく、毎日新聞論説委員・福本容子、国際弁護士・八代英輝のスタジオコメント。
山口・大島大橋、広島・呉港の映像。

10/23 10:31 TBSテレビ 【ひるおび!】
周防大島は2歳児が救われ被告が逃げた島。
先月、被告は道の駅「サザンセトとうわ」に約1週間滞在。
山口・柳井市と周防大島町を結ぶ「大島大橋」には、水道とインターネットのケーブルなどが通っていた。
22日午前0時半ごろ、山口県柳井土木建築事務所が、大島大橋の電気設備の異常を検知。
橋桁に衝突痕があり、橋を通る水道管が損傷していた。
この影響で町はほぼ全域が断水。
柳井海上保安署は当時付近を航行していたマルタ船籍の貨物船の灯火マストやクレーンの損傷を確認。
マルタ船籍の貨物船「ERNA oldendorff」は約2万5000トン、乗組員21人(共同通信)。
韓国からアルミニウムの原料などに使用される「アルミナ」を積み、目的地の広島・呉港までそのまま航行していた。
周防大島町は約9050世帯で断水し、約1万4600人に影響。
給水車約10台が出て対応している。
本土から島にかかる橋は対面2車線の一般国道で、路面下に点検などに使う道路があり、水道管やインターネットケーブルなどが通る。
復旧のめどは不明。
片側1車線の交互通行としているが、状況次第では今夜、通行止めの可能性も含め、判断する。
地図:Google。

10/23 07:08 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
山口県周防大島で、ほぼ全域にわたる9000世帯あまりが断水していて、復旧の目処がたっていない。
原因は水道管が通る橋に貨物船が衝突したことだった。
山口県周防大島町ではインターネットやCATV回線も断線したため通信網も一部まひ。
マルタ船籍の貨物船が橋に接触、水道管や光ケーブルを切断。
1月にも水道管が突然破断し最大10日間断水。
町立大島病院・森本守事務長は「2回もあるなんて想像もしていなかった」とコメント。
周防大島町は今年、様々な事態に見舞われている。
8月には不明2歳児をボランティア・尾畠春夫が救出、大阪・富田林署から脱走し逮捕された男が逃走中に滞在していたことでも注目を浴びた。
大島大橋、広島・呉港の映像。
取材協力:yab。
写真提供:道の駅「サザンセトとうわ」。

10/23 05:35 フジテレビ 【めざましテレビ】
きのう未明、山口県周防大島町と本州側を結ぶ橋に貨物船が衝突し、橋に設置されていた送水管が破損。
島のほぼ全域で断水している。
復旧の目途はたっていない。
また橋を通るインターネット回線にも影響があり、島内の一部の地域でインターネットやケーブルテレビが使えなくなっているという。
今年に入り周防大島では行方不明になった2歳男児をボランティアの男性が発見。
また大阪・富田林署から逃走した被告が立ち寄った島でもある。
柳井海上保安署によると異常があった時間帯に現場近くをマルタ船籍の貨物船が航行。
船長に事情を聴いたところ衝突を認めたため当時の状況を詳しく調べている。
影響:道の駅サザンセトとうわ。

10/23 05:06 フジテレビ 【めざましテレビ】
きのう、山口県・周防大島町と本州側を結ぶ橋に貨物船が衝突し、送水管が破損、島のほぼ全域で断水が続いている。
また、一部の地域でインターネットやケーブルテレビが使えなくなっている。
今年周防大島では行方不明の2歳男児をボランティアの男性が救出した。
また、富田林署から逃走した被告が立ち寄った島でもある。
柳井海上保安署によると、異常があった時間帯に現場近くをマルタ船籍の貨物船が航行していた。
船長が衝突を認めている。
映像提供:道の駅サザンセトとうわ。

10/22 23:27 日本テレビ 【news zero】
地震の影響で観光客が減少した温泉街。
苦境を逆手に取ったポスターが話題となっている。
ポスターを作ったのは北海道・十勝川温泉の観光協会。
9月の地震の影響で1万泊の宿泊キャンセルが出た。
国と北海道は宿泊費などを補助する“ふっこう割”キャンペーンを展開。
おととし熊本地震の影響で観光客が減少した大分・別府温泉。
震災から半年後、十勝川温泉観光協会が現地視察で見たものは「今なら温泉で泳げます」と書かれたPRポスター。
北海道・JR帯広駅、道の駅おとふけの映像。
十勝川温泉観光協会・窪浩政、ガーデンスパ十勝川温泉・山本直美、観月苑副総支配人・束原成のコメント。
札幌について言及。

10/22 06:32 フジテレビ 【めざましテレビ】
マツタケの名産地・長野県青木村の道の駅に重さ1kgの巨大マツタケが展示された。
当初は非売品だったが、その後5万円の値札が付けられた。
長野県東御市に住む男性が購入。
男性は「子供や孫を呼んでみんなで食べようと思う」とコメント。

10/21 19:56 BSフジ 【BSフジニュース】
東京・浅草では秋晴れのもと今日、浅草寺の宝蔵門に8代目となる新たな「大わらじ」が奉納された。
魔物がわらじを見て、「こんなに大きなわらじを履くものが寺を守っているのか」と驚いて去っていくと信じられているからだという。
10年に一度の奉納式で山形県で作られた「大わらじ」が大きな掛け声とともに浅草寺に担がれていった。
イスラエル人観光客のコメント。
また三重・志摩市では「ちびっ子海女さん」による伊勢エビのつかみ取り大会が行われた。
白い海女姿の小学1年生の女児たちが本物の海女たちに手伝ってもらいながら、放流された約70匹の伊勢エビをつかみ上げていた。
一方、ホッキガイの水揚げ日本一の北海道・苫小牧市では「ホッキ祭り」が開かれた。
また松茸の名産地長野・青木村の道の駅ではカサの直系が30cmもある重さ約1kgの巨大松茸が展示された。
当初は非買品として展示されていたが、5万円の値札が付けられ買い手もついた。

10/21 17:30 フジテレビ 【FNNプライムニュース イブニング】
今日の日本列島は全国が晴れ一色となり、各地は深まる秋を楽しむ人で賑わった。
東京・浅草に響く威勢の良い掛け声。
運ばれているのは大わらじ。
今日浅草寺の宝蔵門に新たな大わらじが奉納された。
気象庁が午前11時に発表した天気予報は全て晴れ。
全国がほぼ好天になるのは珍しいという。
そんな中三重県志摩市で行われたのが、ちびっ子尼さんによる伊勢エビのつかみ取り大会。
北海道苫小牧市ではホッキ祭りが開かれ、会場ではホッキを使った料理も販売された。
マツタケの名産地・長野県青木村の道の駅で今日展示されたのが、巨大マツタケ。
一般的なマツタケの10倍以上の重さがあり記念撮影する人も。
非売品とされていたが、午前10時半ごろ5万円の値札が付けられた。
購入したのは花岡新介。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組