JCCテレビすべて
スペシャル あの一言
2024年05月29日(水)
最新TV速報
【あの一言】
秋田浩之の発言まとめ
<徹底解説・ニュース最前線>ゼレンスキー氏が語った領土奪還の決意
状況は厳しいことを十分わかった上でゼレンスキー氏は停戦をしないという。なぜなのかを聞くと、『これまでロシアは何度も停戦破りをしてきた。停戦で時間を与えるとミサイルが大増産されてもっと大きな侵攻を受ける。ロシアを休ませずに攻撃しなければならない』と冷静で論理的な答えが返ってきた。
2024/02/18 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

人道危機のガザ・届かない支援物資
米国のスタンスはあまり変わっていない。1400人以上のイスラエル人がテロのような形で殺されている。イスラエルの人口は900万人台だが、日本人の感覚の10倍以上、1万数千人が虐殺された形。それに対して何もしないで交渉するというのは、おそらく同時テロを受けた米国がビンラディンと交渉することに等しい。
2023/10/17 BS-TBS[報道1930]

特集・日米韓の結束強化で高まる?中国の警戒感
これからもこの手の中国とロシアが一緒にパトロールし、牽制するという動きは増える。日米や米韓は一緒に作戦をオペレーションするところまで緊密に協力している態勢をすり合わせているが、中国とロシアがやっているのはその時に合流しているだけで一緒にオペレーションして連携していくような相手ではない。そこまでの信頼関係はない。かく乱的(ディスラプション)な脅威を示してくるが一定の限界がある。
2023/08/19 BSテレ東[日経プラス9サタデー]

特集・日米韓が連携強化・対中国の戦略は
ずっと残るのは共同声明。この5段落目に一番重要なことが書かれている。南シナ海と台湾海峡の記述など、中国に関することが書いてある。それを読むとほぼ日本と米国が去年と今年に合意している共同声明の文言と変わらないレベルの中国に対する厳しい文言が書かれている。ということは日米の共同声明をひな形にしてここに韓国も乗っかったということ。そういう意味では尹大統領は中国から反発を受ける覚悟で勇気ある決断をした。
2023/08/19 BSテレ東[日経プラス9サタデー]

<徹底解説・ニュース最前線>対ロシア“不退転の決意”バイデン政権
今年の11月から米国大統領選挙が本格的に始まり、選挙モードになる。トランプ前大統領やその支持者はウクライナにこれ以上支援をすることについて反対しているので、その前にバイデン大統領はこの問題をある意味で一段落させたい。
2023/04/30 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュース最前線>対ロシア“不退転の決意”バイデン政権
単なる訪問ではなく、米国の大統領が米軍の援護が期待できない戦場の国に入るというのはおそらく史上初。そこまで覚悟してウクライナを支援すると約束したにも関わらずウクライナが負けてしまえば政治的には相当大きなリスクを負うことになる。これを承知の上でバイデン大統領はキーウに出かけて行った。バイデン大統領はルビコン川を渡った。
2023/04/30 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

米中対立より先鋭化!現状・戦略・行方を探る
今や中国の秩序が広がっていくかもしれない状況であり、たとえ平和手段による強制的統一が行われたとしても台湾が中国になると地政学的にこの地域に大きな変化が生じかねないと米国は思っている。だから台湾に軍事顧問団を増やし、台湾への武器売却がバイデン政権になってから加速度的に増えている。台湾を失うことのマイナスの見積もりが米国では非常に高くなっている。
2023/04/16 BS朝日[激論!クロスファイア]

米中対立より先鋭化!現状・戦略・行方を探る
大きく変わったのが2020年からの新型コロナウイルスの拡散で、米国では100万人以上が死んでいる。この数は第一次世界大戦、第二次世界大戦、ベトナム戦争の戦死者を超える人数。武漢からウイルスが広がり、初期に隠蔽が行われ、未だにアクセスが認められずに原因がわからないままになっていることが、ある意味で米国は100万人が殺されてしまったウイルスに対する怒りを中国共産党に対する不信感という形でぶつけている。政策的に対立競争という次元を超えて許せなくなっている。
2023/04/16 BS朝日[激論!クロスファイア]

特集・戦況に影響?露・ベラルーシに核配備へ
ロシアが、もしも小型核を使った場合、広島・長崎以来の「核を使ってはならない」というタブーが崩壊してしまうことになる。その場合、二度とロシアに追随する国が出ないようにするためにも、ものすごい報復攻撃をロシア軍に与えなければいけない。それにより核のタブーを再構築しなければならない。ただし、それによって第3次世界大戦に発展する可能性もある。
2023/04/01 BSテレ東[日経プラス9サタデー]

ウクライナ・マリャル国防次官“ロシアが続ける破壊”
ナチスドイツがポーランドに侵攻したのが1937年。その2年後1939年に、チャーチルとルーズベルトが大西洋憲章という名前で戦後秩序の原則を打ち出した。それにも関わらず、その半年以内に日本の侵略蜂起が起きて第二次世界大戦になってしまった。ウクライナにロシアが侵略してからまもなく1年になるが、歴史の流れが結構早く進むときがあるということを我々は肝に銘じる必要がある。
2023/01/29 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング