JCCテレビすべて
話題の記事集 いま政治は
2017年04月29日(土)
最新TV速報
     
【いま政治は】
有識者会議が最終報告・先ほど安倍首相に提出] (2件/週)

04/21(金) 日本テレビ 【news every.】
<きょうコレ>有識者会議が最終報告・先ほど安倍首相に提出
天皇陛下の退位について話し合う有識者会議は退位後の天皇陛下の称号を上皇とすることなどを盛りこんだ最終報告をまとめ先ほど安倍首相に提出した。
最終報告で秋篠宮さまの呼称には皇位継承順位第1位を示す「皇嗣」とした。

04/21(金) TBSテレビ 【Nスタ】
退位・有識者会議最終報告へ
天皇陛下の退位の実現とその先の皇室の形を方向付ける有識者会議の採取報告が間もなく安倍総理に提出される。
取りまとめをリードした御厨貴座長代理が先ほどJNNのインタビューに答えた。
退位の議論は去年8月、国民に直接語られたお言葉から始まった。
有識者会議は去年10月以来14回の議論を重ねてきた。
最終報告の内容を整理する。
退位後の天皇皇后の称号はそれぞれ「上皇陛下」「上皇后陛下」とすることが適当。
また身の回りの世話等を担当する「上皇職」を新設し、次の天皇と生計を共にする。
秋篠宮さまの呼称については、次の天皇陛下を指す「皇嗣」という名称を加えることを提案している。
最終報告の取りまとめにあたっては、お気持ちにストレートに沿わず、国民の思いを見て判断することに気を配ったという。
憲法にある「天皇の地位は日本国民の総意に基づく」という規定に配慮し、憲法違反にならないよう「特例法」で道筋がつけられた。
一方で将来に向けては1つ課題が残った。
それが「皇族数の減少に伴う皇位の安定継承をめぐる議論」。
女性、女系天皇を」などの議論は先送りすることのできない課題だが、保守層の中には根強い反発があるのが現実。
天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議の映像。

▲画面のトップへ