JCCテレビすべて
話題の記事集 いま政治は
2021年05月17日(月)
最新TV速報
【いま政治は】
菅総理大臣・ファイザー社CEOと電話会談] (36件/週)

04/19 16:56 NHK総合・東京 【ニュース シブ5時】
新型コロナ対策の切り札とされるワクチン。
きのうワシントンから帰国した菅総理大臣は滞在中に行った米国の製薬大手ファイザーのCEOとの電話会談を受けて、ことし9月までに国内の対象者に必要なワクチンの追加供給を受けるメドが立ったという見通しを示した。
感染が広がる関西では高齢者のワクチン接種に向けた準備が進んでいる。
神戸市ではきょうから接種券の発送が始まり、75歳以上のおよそ24万人分が市内の郵便局に到着。
神戸市では来月10日から集団接種を始め、その後、順次、個別接種を始めることにしている。
大阪市でもきょうから自宅などで暮らす高齢者への接種券の発送が始まった。
ワクチンの接種を円滑に行おうとさまざまな取り組みも進められている。
神奈川県鎌倉市は自宅と接種の会場を往復できるタクシーの利用券を配布することにした。
神奈川県が独自に設けたワクチンの配送センターでは病院や診療所などの医療従事者向けのワクチンを迅速に発送するため、きょうから本格的に稼働。
神奈川県では多くの市町村で来月以降、高齢者の個別接種を始める予定だが、県はなるべくその前に医療従事者のワクチン接種を終えたいとしている。
自民党・下村政務調査会長は「このペースでいくと、すべての国民が接種できるには、来年春くらいまでかかるところもあるかもしれない」と述べた神戸・中央区、神奈川県内の映像。
神戸市の担当者、神奈川県の担当者のコメント。

04/19 15:08 TBSテレビ 【ゴゴスマ~GOGO!Smile!~】
今日午前、菅総理大臣は記者団に「米国でファイザー社のCEOと電話会談を行い9月までに我が国の対象者に対して確実にワクチンを供給できるよう追加供給を要請した。
CEOからは『協議を迅速に進めたい』と話があった。
9月までに供給されるめどが立ったと考えている」と述べた。
日本でのワクチン接種の対象者は16歳以上の約1億1000万人。
必要量は約2億2000万回分。
当初の想定と会議後の想定を紹介。
ファイザー社・ブーラCEOの映像。
信州大学特任准教授・山口真由、東国原英夫のスタジオコメント。
医療ジャーナリスト・森田豊の解説。
韓国に言及。

04/19 13:58 BSフジ 【BSフジニュース】
菅総理大臣は記者団に対し、「9月までに国内のすべての対象者に新型コロナウイルスワクチンが供給されるめどが立った」と表明した。
また、菅総理大臣は、ファイザー社・ブーラCEOとの電話会談で「9月までにわが国の対象者に確実にワクチンを供給できるよう追加供給を要請した」と述べた。
ブーラCEOからは「協議を迅速に進めたい」と回答があった。
CVS Healthの映像。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組