JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年05月27日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/05/17
テレビ朝日 【ワイドスクランブル】
<ANNニュース>米国・FBI前長官・メモで発覚・トランプ「捜査をやめて」
関連記事
05/27(土)
(BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問])
前CIA長官・トランプ陣営とロシアとの接触認める
米国・CIA(中央情報局)・ブレナン前長官が米国大統領選挙でのロシア政府による干渉疑惑について証言し、トランプ陣営のメンバーとロシア政府関係者との間で接触や交流があったことを認めた。
ブレナン前長官は「FBIの捜査には十分な根拠がある」と語ったが、ロシア側との共謀があったのかについては「分からない」とした。
情報機関の元トップがトランプ陣営とロシアとの接触の事実を認めたことで、疑惑追及を求める声が一層強まる可能性がある。
米国の複数のメディアは、トランプ大統領の女婿・クシュナー上級顧問がロシアによる干渉疑惑の捜査対象となっていてロシア関係者との交友範囲についてFBIが調査していると報じた。
トランプ政権の現役幹部の名前が捜査対象として挙がるのは初めて。
CIA・ブレナン前長官が「ロシアが去年の大統領選に堂々と介入したことを明らかにすべきだ」とコメント。
米国・下院特別情報委員会、ペンス副大統領、ホワイトハウスの映像。
05/27(土)
(BS1[ワールドニュース])
トランプオーガナイゼーションにハッカー攻撃
FBI連邦捜査局がトランプ大統領の息子2人を呼び外国のハッカーがトランプオーガナイゼーションのコンピューターへの侵入を試みたと伝えた。
ドンジュニアとエリックがFBIのニューヨーク支部に緊急に呼ばれた。
娘婿・クシュナー上級顧問とロシア側との面会をFBIが詳しく調べていることもわかった。
フリン元補佐官に言及。
ニューヨークタイムズ。
05/27(土)
(テレビ朝日[週刊ニュースリーダー])
第3位・“FBI・CIAと全面対決”大統領弾劾に発展するのか?米国・ドナルドトランプ大統領
米国・トランプ大統領が留守の米国国内ではロシアゲート疑惑の真相解明を求める声が高まってきた。
CNNによると「米国国内の世論調査(米国・キニピアック大学)」コミーFBI長官の更迭は捜査妨害が目的だった55%。
米国・下院情報委員会で、ブレナン前CIA長官が「ロシア政府関係者とトランプ選挙陣営の関係者の接触に関する情報は把握。
さらに捜査が必要」と証言。
トランプ大統領はFBI・連邦捜査局につづいてCIA・中央情報局とも対決することになるのか。
ロシアゲート疑惑の名称の由来となった当時のニクソン大統領のウォーターゲート事件(1972年)では、米国・ワシントン・ウォーターゲートビルの民主党本部に盗聴器を仕掛けようとしたとの疑惑の捜査をしていた特別検察官を解任。
弾劾の動きに発展しニクソン大統領は辞任。
ロシアゲート疑惑は大統領選でロシア政府と共謀しサイバー攻撃を仕掛け、選挙結果が有利に働くようにした疑惑の捜査を行っていたFBIに圧力をかけ、コミー長官を解任。
早稲田大学・中林美恵子教授、菊地幸夫弁護士のスタジオコメント。
イタリア・タオルミーナ、ロシア・プーチン大統領の映像。
ヒラリークリントン、共和党について言及あり。
本日の「ワイドスクランブル」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ