JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年05月30日(火)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/04/21
TBSテレビ 【ひるおび!】
<ひるトク!>非核化望む中国とロシア・対北朝鮮に“温度差”生じる理由
関連動画
4万人でサイクリング、「モスクワ・バイクパレード」 ロシア Thousands of cyclists join Moscow bike parade (再生)
ロシアの首都モスクワ(Moscow)で28日、6回目となる恒例の「モスクワ・バイクパレード(Moscow Bike Parade)」が開催され、約4万人の自転車乗りが参加した。(c)AFP年5月30日 forty thousand cyclists cruise through the streets for the sixth Annual Moscow Bike Parade. IMAGESチャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist

モスクワで暴風雨、13人死亡70人重傷 倒木などの犠牲に Violent storm kills 13 in Moscow area (再生)
ロシアの首都モスクワ(Moscow)で29日、暴風雨による倒木などで13人が死亡、多数が負傷した。 インタファクス(Interfax)通信によると、モスクワのセルゲイ・ソビャニン(Sergei Sobyanin)市長は「嵐で11人が死亡し、70人が重傷を負った」と発表。 その後さらに2人の死亡が伝えられた。モスクワの調査当局によると、倒れてきた木によって11歳の少女が死亡、飛んできたフェンスによって57歳の男性が犠牲になったという。 調査当局はこれに先立ち、犠牲者の大半は木が倒れたり、バス停を含む構造物の一部が崩れて落ちてきたりしたことで死亡したと明らかにしていた。調査官らは現場を訪れ、目撃者らに話を聞いた。 悪天候によりモスクワの複数の空港で便に遅れが生じたほか、ブヌコボ(Vnukovo)国際空港行きの急行列車は線路内に倒れた木を取り除くまで運行を中止した。 ロシアの気象当局によれば、今回の暴風雨では風速22メートルを記録し、深夜に新たな暴風雨が起きる恐れも出ている。(c)AFP年5月30日 violent storm sweeps through the Moscow area leaving 13 people dead and dozens injured as freak winds topple hundreds of trees.チャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist

仏ロ大統領が初会談、シリア・ウクライナ問題を「率直に」協議 Macron greets Putin for first face-to-face talks (3) (再生)
フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は29日、パリ(Paris)郊外のベルサイユ(Versailles)宮殿でロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領と初めて会談し、シリアやウクライナなどの問題を協議した。両者は意見の相違を認める一方、両国関係の緊張緩和を約束。マクロン氏は、協議は「極めて率直」に行われたと述べた。 マクロン氏は、フランスでの複数の襲撃事件で犯行声明を出しているイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に言及し、「われわれの絶対的な最優先事項は、テロとの戦い、そしてダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)をはじめとするテロ集団の根絶だ」と述べた。 マクロン氏はまたロシアに対し、シリアをめぐる連携強化を呼び掛けた。ロシアはシリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権を支援しており、シリア問題は西側諸国とロシアとの関係改善の障害となっている。 マクロン氏は、シリアにおける化学兵器の使用は自身の政権にとって「レッドライン(越えてはならない一線)」であり、フランスは「即座に反応」するだろうと述べ、アサド大統領とロシアに対する警告とみられる発言も行った。 会談では、ロシアのウクライナ軍事介入に対する西側諸国の制裁や、ロシアがフランス大統領選挙に干渉したとの疑惑も取り上げられた。 プーチン氏はウクライナ東部の情勢に関し、政府軍とロシア政府が支援する反政府勢力の戦闘を終結させる上で、制裁は「まったく」役に立っていないと明言。仏選挙介入疑惑についても、根拠がないと一蹴した。 このほかマクロン氏は、ロシア・チェチェン(Chechnya)共和国で同性愛者が弾圧されているとの疑惑について、プーチン氏が「すべての真実を明らかにする」ことを約束したと述べた。(c)AFP年5月30日 President Emmanuel Macron greeted his Russian counterpart Vladimir Putin in the splendour of the Versailles palace outside Paris on Monday for their first face-to-face talks. IMAGES of Macron and Putin greeting each other and going insideチャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist
関連記事
05/30(火)
(テレビ朝日[ワイドスクランブル])
脱北者激白「金正恩が毎週指示」北のミサイル進化
北朝鮮のミサイル開発や製造部門で働いていた男性は平壌の中央機関、主に国防分野を担当。
15年間、兵器の開発製造部門で勤務。
金正恩政権以降に脱北している。
金正恩委員長から週に1度指示があった。
弾頭部に核を装着する技術が進歩している。
ミサイルの速度、角度を計算して日本の限界線内に落下させている。
北朝鮮のミサイル発射回数(連合ニュース):金日成15回、金正日総書記16回、金正恩委員長77回。
資金源は主に国防科学院などが兵器を売ってミサイル開発の資金を得ている。
中東に武器を輸出。
サイバー攻撃(バングラデシュ中央銀行から8100万ドル)。
金や鉱物の取引。
中国やロシアに労働者派遣。
コリアレポート編集長・辺真一は「武器輸出は国連の制裁で難しいと思う。
サイバー攻撃の可能性はある。
金や鉱物の取引に注目している」、東海大学教養学部国際学科教授・金慶珠は「経済制裁をしているから北朝鮮の経済は厳しいと考えるが実際は北朝鮮の経済は成長している。
北朝鮮内部のIT、通信、不動産部門における市場が活性化している」とスタジオコメント。
ノドン、ムスダン、マカオ、タイ、GDP、ウランに言及。
教育評論家・水谷修のスタジオコメント。
05/30(火)
(テレビ朝日[ワイドスクランブル])
“対話”か“行動”か・・・北朝鮮「包囲網」各国の思惑
コリアレポート編集長・辺真一、東海大学教養学部国際学科教授・金慶珠が解説。
安倍総理は昨日「米国とともに具体的な行動をとっていく」、米国・マティス国防長官はCBSテレビのインタビューで「北朝鮮との紛争は最悪の悲劇となるだろう、戦争が始まれば中国とロシアにとっても危険な存在となる」と話した。
ロシア外務省・チトフ次官は「関係諸国にはこの地域での武力行使は自制するよう呼びかけたい」、中国外務省は「関係国が冷静と自制を保ち、朝鮮半島の緊張情勢を早急に緩和させ、半島問題を再び平和的対話の正確な軌道に戻るよう求める」と話した。
韓国・合同参謀本部・ノジェチョン広報室長は「自らのロードマップによる核・ミサイル開発能力を誇示し、韓国政府の対北朝鮮政策の転換を迫る意図がある」と、対話というニュアンスがみられる。
韓国・文在寅大統領、金正恩委員長、朝鮮中央テレビ、中国・習近平国家主席、一帯一路サミット(中国・北京)、米国原子力空母ニミッツ、カールビンソン、ロナルドレーガン、G7サミット(イタリア・タオルミーナ)、トランプ大統領、地対空迎撃ミサイルの映像。
教育評論家・水谷修、マーケティングライター・牛窪恵のスタジオコメント。
人工衛星に言及。
05/30(火)
(テレビ東京[Newsモーニング・サテライト])
フランス・ロシア・首脳会談「対テロで連携」
フランス・マクロン大統領とロシア・プーチン大統領はベルサイユ宮殿(パリ)で対談した。
共同記者会見(ベルサイユ宮殿)で「ロシアとの協力関係を強化したい」とした。
プーチン大統領は「努力を結集すべきだ」両国の作業部会設置を表明した。
両首脳はシリア問題でも協力強化を確認した。
プーチン大統領は北朝鮮問題について「北朝鮮は非常に危険な状態」とした。
本日の「ひるおび!」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
注目ページ 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目ページ
注目番組