JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年05月30日(火)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/04/19
BSフジ 【プライムニュース】
英国・EU離脱めぐり総選挙へ・加盟国の反応と今後への影響
関連記事
05/30(火)
(BS1[ワールドニュース アメリカ])
ポリティクスマンデー
共和党はホワイトハウスと上下両院を制しており、政策を実施するには好条件が整っている。
政治ニュースサイト編集者・Aウォルターが「医療保険、税制改革、インフラの対応策を通すのは大変だが、実現しようという集中力や秩序を大統領は備えていない」、米国公共ラジオ・Tキースが「政府関係者はサウジアラビアが今回の外遊のハイライトと考えていた。
武器の取り引きの内訳はどうなっているのかなど、何も情報が出てこなかった。
ある政府関係者は『大統領がイスラム世界を一つにまとめた』と発言」とスタジオコメント。
選挙、ツイッター、イスラエル、イタリア・ローマ、NATOサミット、ヨーロッパ、協定、英国のEU離脱、集団的自衛権について言及あり。
05/30(火)
(BSジャパン[早起き日経+FT])
英国スコットランドの総選挙
スコットランドとイングランドの議会は300年前に統一された。
総選挙が迫る中この境界線は今も政治を分断している。
フィナンシャルタイムズ・スコットランド特派員・ミュアディッキーは「境界線のイングランド側ではEU離脱が争点だ。
スコットランド側は再度独立について国民投票をするかどうかが争点だ」と話した。
自由党元党首・ディヴィッドスティールは「スコットランドの選挙は英国の他地域とは異なる。
保守党とスコットランド民族党(SNP)の激しい戦いだ。
SNPは多くの人が望まない2度目の国民投票を提唱し保守党は国民投票実施への反対のみを主張する。
セルカークの町の手芸グループでは「メイ首相の進め方が心配」「国民投票に反対なのでSNPを落選させる」「保守党のラモントに投票する」などの声が聞かれた。
2015年の総選挙でこの選挙区はSNPが保守党と328票差で辛勝。
フィナンシャルタイムズ・スコットランド特派員・ミュアディッキーは「2015年の総選挙ではSNPはスコットランドの50%の票を獲得。
しかし地方議会で保守党は議席を倍増させた。
保守党の得票率は復活している」と話した。
保守党・ラモントは2005年から3回総選挙で落選。
保守党・ラモントは「有権者の選択は明確だと対話を重ねてわかった。
地元の課題に取り組む私か独立のことしか頭にないSNP候補か」と話した。
住民のアンドリューサドンは「今回はラモントに投票を考える」と話した。
スコットランド民族党・カラムカー候補は「今回の選挙は国会議員を選ぶものでEU離脱が争点」と話した。
05/29(月)
(テレビ東京[未来世紀ジパング])
池上彰が英国を徹底解説!まだまだ問題が山積み
EU離脱の国民投票から1年となる英国。
マンチェスターテロで英国がテロ情報を米国に伝えたら米国メディアが報道。
機密情報が漏れていると英国が怒っている。
EU離脱、テロ情報が共有できるのかなど問題が山積み。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
注目ページ 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目ページ
注目番組