JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年01月24日(水)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/02/21
BS1 【ワールドニュース】
<米国・ABC>トランプ大統領・国家安全保障担当・大統領補佐官を指名
関連記事
01/24(水)
(日本テレビ[news every.])
安倍首相が平昌五輪の開会式に出席する意向を明らかにした。
米国からはトランプ大統領ではなくペンス副大統領が開会式に出席する予定。
日本政府関係者によると「ホワイトハウスから『安倍首相が行ってくれたら助かる』という話しもあった」とのこと。
これも首相の背中を押したポイントで、日米の連携を見せつける狙いもある。
北朝鮮をめぐって緊迫した情勢が続く中では、いくら韓国との関係がぎくしゃくしつつあるとしても、直接首脳同士が会って話し続けることが大事だと安倍首相は判断した。
文在寅大統領との会談で慰安婦問題があいまいな形に終わってしまえば、安倍首相が国内での批判にさらされる可能性もある。
日本テレビ・小西美穂解説委員のスタジオコメント。
日韓首脳会談の映像。
01/24(水)
(BS1[キャッチ!世界のトップニュース])
中東を歴訪していた米国のペンス副大統領は、最後の訪問先イスラエルの日程を終えた。
ペンス副大統領は、訪問中イスラエル議会で行った演説で来年末までにエルサレムに米国大使館を移転させることを明らかにし、ユダヤ教の聖地、嘆きの壁も訪れるなどイスラエル寄りの姿勢を鮮明に打ち出した。
これに対しパレスチナ側は医療機関を除く暫定自治政府のすべての機関がストライキに入るなど強く抗議している。
今回の訪問でトランプ政権にとって何が成果だったのか。
ペンス副大統領は帰国を前にしたロイター通信のインタビューで米国が主導する和平プロセスについて“ホワイトハウスは我々の中東地域のパートナーと和平の枠組みの構築を進めてきた。
全てはパレスチナがいつ交渉のテーブルにもどってくるかにかかっている”と述べた。
中東和平の新たな案もどこまで具体性を帯びたものかわかっていない。
トランプ大統領が仲介に意欲を示す中東和平交渉が再開される見通しは厳しいと言わざるを得ないが、今回の訪問で米国の自国第一主義を中東各国に改めて印象づけたことは確かだ。
テルアビブの映像。
01/24(水)
(テレビ東京[Newsモーニング・サテライト])
世界経済フォーラム年次総会、通称「ダボス会議」がスイス・ダボスで開幕。
今回は米国第一主義を掲げるトランプ大統領が出席する予定。
インド・モディ首相は保護主義の拡大を世界的リスクの1つにあげた。
カナダ・トルドー首相も自由貿易体制の重要性を強調した上で、NAFTAから離脱する構えを見せているトランプをけん制。
トランプが署名した太陽光パネルと洗濯機を対象としたセーフガードの発動についても出席者から「保護主義で米国国民の利益にもならない」と批判の声が上がっている。
トランプの演説は26日に予定されている。
トランプは規制緩和と大型減税をアピールし対米投資を呼びかけるものと見られている。
ホワイトハウスの映像。
(中継)スイス・ダボス。

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組