JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年04月24日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2017/01/31
BS1 【ワールドニュース】
<米国・ABC>米国・トランプ大統領の入国禁止令・国務省内にも軋轢
関連動画
“非核化重視と圧力継続” 対北朝鮮、G7外相が議論(18/04/23) (再生)
北朝鮮が核実験と弾道ミサイル発射の中止を表明しましたが、安倍総理大臣は「制裁を解除する考えはない」と引き続き圧力維持の方針を強調しています。アメリカのトランプ大統領も「アメリカは何も譲歩していない」としています。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

「拉致被害者の即時帰国に全力」 トランプ氏の発言に「うれしい一歩前進」 北海道の特定失踪者の家族 (18/04/19 21:10) (再生)
日米首脳会談を受けた共同記者会見でトランプ大統領が日本人拉致被害者の即時帰国に向け、改めて北朝鮮への働きかけを強化、する決意を示したことに対し、北海道の特定失踪者の家族も期待を高めています。 1995年に失踪した曽ヶ端崇史さんの母 富子さん:「嬉しいです。一歩前進しました」 安倍首相との共同会見の中でトランプ大統領は拉致問題について、「すべての拉致被害者の即時帰国に向け、北朝鮮への働きかけを強化していく決意だ」と述べ、両首脳は解決に向けた強い意志を確認しました。 1995年に失踪した曽ヶ端崇史さんの母 富子さん:「忘れ去られないでほしいと思います。一生懸命話をしてもらった方がいい」 北海道の拉致被害者や特定失踪者の家族が見守る中、5月にも行われる米朝首脳会談の行方が注目されます。

トランプ氏 対日2国間貿易協定に意欲 (再生)
安倍晋三首相とトランプ米大統領は18日、共同記者会見を開いた。トランプ大統領は貿易協定について「環太平洋経済連携協定(TPP)には戻りたくない」と話すとともに、2国間協定が望ましいとの考えを示した。
関連記事
04/23(月)
(NHK総合・東京[ニュースチェック11])
核実験とICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験の中止を表明した北朝鮮は10年半ぶりの南北首脳会談を4日後に控え、各国が動向を注視している。
軍事境界線付近に設置された宣伝放送の為の巨大なスピーカーはこれまでキム委員長の批判などを流してきたが、韓国国防省・チェヒョンス報道官は「北朝鮮への宣伝放送を中断した」とコメント。
融和ムードを盛り上げたい考え。
カナダ・トロントで始まったG7外相会合で北朝鮮が核実験やICBM発射実験の中止などを表明したのは前向きな動きと歓迎。
核兵器の廃棄には言及していないとして北朝鮮の非核化に向けて最大限の圧力を維持する方針を確認。
河野外相は「核武装した北朝鮮は決して認められない」とコメント。
北朝鮮の融和策:核実験の中止、ICBM発射実験の中止。
核保有の立場は崩していない。
中距離の弾道ミサイルは対象に含まれていない可能性がある。
米国国務省高官は過去の失敗は繰り返さない、非核化がなされるまで最大限の圧力は続けていくとしている。
米国は核を放棄しない限り見返りは与えないと釘を刺した形。
トランプ大統領はツイッターに「北朝鮮については結論には遠い、うまくいくかもしれないし、うまくいかないかもしれない」とコメント。
軍事境界線付近、ソウル、韓国・ムンジェイン大統領、北朝鮮・キムジョンウン朝鮮労働党委員長、朝鮮中央テレビの映像。
04/23(月)
(BS1[国際報道2018])
(中継)北京。
北朝鮮メディアによると金正恩朝鮮労働党委員長は20日、「いかなる核実験も必要なくなった」と述べ、核実験とICBMの発射実験を中止し核実験場も廃棄すると発表した。
発表に対し中国外務省や韓国・文在寅大統領等歓迎する声があがる一方、過去に核放棄を反故にしてきた経緯などから米国などは慎重な見方も出ている。
米国・トランプ大統領は発表直後、「とてもいい知らせだ」としていたが、その2日後には「北朝鮮については結論には遠い」と自身のTwitterに綴っている。
北朝鮮は制裁緩和を目指し対外活動を一層活発化していくとみられ、今回の発表は北朝鮮のしたたかな外交戦略を示したものといえる。
果たして米朝は一致点を見出せるのか、首脳会談に向けてトランプ政権と北朝鮮の駆け引きが活発化している。
朝鮮中央テレビ、米国・国務省長官、中国外務省・陸慷報道官、韓国・文在寅大統領、G7外相会合(カナダ・トロント)、米国・ABC、ソウルの映像。
04/23(月)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
北朝鮮は、核実験とICBMの発射実験を中止するとともに、核実験中止の透明性を保証するためとして、北東部のプンゲリにある核実験場を廃棄する考えを表明。
真意は非核化ではなく、見返りを求めるためのカードなのか。
米国の有力紙・ウォールストリートジャーナルは、キム委員長が北朝鮮を訪問したCIA(中央情報局)・ポンペイオ長官に対し「数年間かけて双方が並行して、譲歩を重ねていく構想を提示した」と伝えている。
米国国務省の高官は一部メディアに対して「北朝鮮がまず核を放棄しなければ、見返りは与えない」という考えを示してくぎを刺した。
北朝鮮の表明について、大きな進展だとした米国・トランプ大統領も、その後ツイッターに「結論にはまだ遠い。
うまくいくかもしれないし、いかないかもしれない」と慎重な見方を投稿。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組