JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年10月21日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/01/13
日本テレビ 【NNNストレイトニュース】
米国・マティス次期国防長官・中国ロシアの脅威に同盟国の重要性強調

関連記事
10/20(金)
(BSフジ[プライムニュース])
北朝鮮問題について聞く。
政治アナリスト・伊藤惇夫(自民党と新進党の事務局勤務を経て太陽党、民政党、民主党で事務局長を務めた「新党請負人」。
著書に『国家漂流』『政党崩壊』など)は「米朝対話を実現するためのハードルとして、北朝鮮は自国を核保有国として認めるようにという条件を取り下げない。
それを飲んだうえで米朝対話となったら、北朝鮮の非核化は永久にできなくなる」、日本共産党委員長・志位和夫は「対話の入り口として北朝鮮を核保有国として認めることは絶対やってはいけない。
前提条件無しで北朝鮮に対話のテーブルにつかせないといけない」とスタジオコメント。
米国、安倍首相、戦争、ミサイル、第2次朝鮮戦争、韓国、金泳三元大統領、ナチスドイツ、ヨーロッパ、モロッコ、スウェーデン、オバマ政権、核実験、敵基地攻撃、核武装、ペリー、トランプ大統領、ティラーソン国務長官、マティス国防長官に言及。
10/20(金)
(BSフジ[プライムニュース])
共産党は公約で「北朝鮮問題の『対話による平和的解決』のイニシアチブを」と掲げている。
日本共産党委員長・志位和夫(東大在学中の1973年日本共産党入党。
1990年党書記局長。
1993年衆議院初当選(当選8回)。
2000年から現職)は「北朝鮮による核、ミサイル開発は容認できないのは当然だが、同時に破滅をもたらす戦争だけは起こしてはならないと考えている。
今、米国と北朝鮮の緊張が高まっている。
誤算、偶発的な事態から軍事衝突が起き、戦争になる危険がある。
戦争になると核戦争になる危険がある。
これを回避する必要がある。
米朝が直接対話に踏み出すべきと提唱した。
経済制裁強化は必要」とスタジオコメント。
国連安保理決議、外交、トランプ大統領、ティラーソン国務長官、マティス国防長官、ウォールストリートジャーナル、北京、安倍首相、国連総会、橋本内閣、韓国、日本記者クラブ、党首討論会、クリントン政権、延坪、金泳三元大統領に言及。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
アクセスランキング
注目番組