JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年02月24日(金)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/01/11
TBSテレビ 【あさチャン!】
<けさのボード>トランプ人事・娘婿を大統領上級顧問に
関連記事
02/24(金)
(BS1[ワールドニュース アメリカ])
CPAC・トランプ大統領上級顧問が演説
23日、米国・トランプ大統領の上級顧問らはメリーランド州保守政治活動協議会・CPACで結束ぶりを誇示。
バノン首席戦略官とプリーバス首席大統領補佐官は、大統領周辺にイデオロギーの衝突があるとの見方を一蹴。
ナショナルパブリックラジオ・Kスターンが「バノンはホワイトハウスのイデオロギー、アイデアの責任者で政治哲学者。
バノンは行政国家の解体を語り、プリーバスは『2つの規制を一つにしていく』と述べた。
共に政治を語っているが、選挙戦当初、ブライトバートニュースの一番の敵は共和党の規制勢力だった」とスタジオコメント。
ワシントンポスト紙・Pラッカーが「バノンと対立することは大統領と対立すること」とコメント。
ライアン下院議長について言及あり。
02/24(金)
(BS1[ワールドニュース アメリカ])
CPAC・トランプ大統領上級顧問が演説
23日、米国・トランプ大統領の上級顧問らはメリーランド州保守政治活動協議会・CPACで結束ぶりを誇示。
バノン首席戦略官とプリーバス首席大統領補佐官は、大統領周辺にイデオロギーの衝突があるとの見方を一蹴。
バノン首席戦略官は「経済的ナショナリズム」という言葉を使い、「行政国家を解体する」と述べた。
ナショナルパブリックラジオ・Kスターンが「バノンはネオリベラルの世界秩序を変えたいのだろう。
自由貿易や開かれた国境ではなく米国第一主義、既成勢力は国民を裏切ってきたという考えに基づく哲学で、彼はそんな世界を変えたい」とスタジオコメント。
ワシントンポスト紙・Pラッカーが「今持ち上がっているのはこれまでとは全く違うムーブメント。
伝統的な共和党主義ではない。
ナショナリズム、ポピュリズムであり、国内外で政治的、経済的な構造や仕組みを変えること。
当初ホワイトハウスでは2つの勢力が競い合っていたが、少し収まってきた」とコメント。
バーニーサンダース議員について言及あり。
02/24(金)
(BS1[ワールドニュース アメリカ])
CPAC・トランプ大統領上級顧問が演説
23日、米国・トランプ大統領の上級顧問たちが保守政治活動協議会・CPACのステージに立った。
共和党が権力を取り戻した今、首都・ワシントンから川を挟んだ会場で保守派運動の未来が話し合われた。
コンウェイ大統領顧問が「どんなに素晴らしいムーブメントでも時間と共に少しずつ膠着し、退屈なものになる。
だからこそエネルギーを注ぎ込む必要がある。
トランプは大統領選挙のはじめから草の根運動に働きかけ、皆さんを率いてきた」と演説。
昨年は共和党予備選挙の最中に開かれ、トランプ大統領は参加しなかった。
共和党元全国委員長・プリーバス大統領首席補佐官とバノン大統領首席戦略官は一致団結している姿を打ち出し、「ホワイトハウスが内部分裂している」という報道を一蹴。
プリーバス首席補佐官は「私たち2人に関する記事はとんでもない誤解ばかり」、バノン首席戦略官は「大統領はこれからも自分の計画を推し進めるだろう。
経済環境がよくなり、雇用環境が改善しても闘い続ける」と話した。
一般人のコメント。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ