JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年01月21日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/18
TBSテレビ 【サンデーモーニング】
トランプ新政権・国務長官に石油大手CEO
関連動画
トランプ氏の大統領就任前夜、ハリウッド俳優や歌手らが抗議 米NY A-listers join anti-Trump protest in hometown New York (再生)
ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領(70)の就任式を翌日に控えた19日夜、ハリウッド(Hollywood)俳優らを含むセレブたちがニューヨーク(New York)で、同氏の大統領就任に抗議する集会に参加した。 集会には俳優のロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)さんやアレック・ボールドウィン(Alec Baldwin)さん、映画監督のマイケル・ムーア(Michael Moore)さん、歌手のシェール(Cher)さんらが参加し、トランプ・インターナショナル・ホテル(Trump International Hotel)近くのコロンバスサークル(Columbus Circle)とセントラルパーク・ウエスト(Central Park West)通りに集まった数千人の人々とともに、トランプ氏の大統領就任に抗議した。 トランプ氏の出身地だが大統領選では民主党候補だったヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官への投票が多かったニューヨークでの抗議集会には、「トランプと毎日戦え」「すべての人々に正義と市民権を」と書かれたプラカードを掲げ人々が参加した。 人気バラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ(Saturday Night Live)」でトランプ氏を風刺する物まねしているボールドウィンさんは集会で壇上に上がり、同氏をまねた口調で100日間の抵抗を呼び掛け、群衆を沸かせた。 ムーア監督は、得票数ではクリントン氏がトランプ氏を上回ったことなどに触れ、「(トランプ氏は)有権者の信任を受けていない」と述べた。(c)AFP年1月20日-list celebrities joined several thousand protesters on the streets of New York on Thursday night to protest against Donald Trump on the eve of the incoming Republican president s inauguration.チャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist

「オルト・ライト」がトランプ氏の米大統領就任祝賀集会、会場前では反トランプ派が抗議デモ Hundreds demonstrate alt-right Deploraball event (再生)
ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領(70)の就任宣誓を翌日に控えた19日、米首都ワシントン(Washington D.C.)のナショナル・プレスクラブ(National Press Club)で、怒れる白人のナショナリストによる運動とされる「オルト・ライト(オルタナ右翼)」の著名メンバーらがトランプ氏の就任祝賀集会「デプロラボール(Deploraball、嘆かわしい人々の集いの意)」を開催。「十字軍(Crusaders)」に扮(ふん)して会場入りする参加者の姿も見られた。会場前では大勢の反トランプ派が抗議デモを行った。「デプロラボール」の名は大統領選の民主党候補だったヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官が、トランプ氏の支持者を「デプロラブルな(嘆かわしい)人々」と呼んだことにちなんでいる。(c)AFP年1月20日 of people demonstrate outside the Deploraball a celebration of Donald Trump s election being held the night before his inauguration at the National Press Club. The event was organized by prominent members of the so-called alt-right movement. The name is a play on a comment by Hillary Clinton in which she called some Trump supporters deplorables .チャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist

トランプ次期大統領が首都入り 歴史的就任式、いよいよあす Trump arrives in Washington ahead of inauguration (再生)
ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領(70)が、就任宣誓を翌日に控えた19日、首都ワシントン(Washington D.C.)に到着した。向こう4年間の任期で米政治の変革を目指す意気込みだ。 驚きに満ち、非現実的とも思われたホワイトハウス(White House)入りを目指したトランプ氏の道のりは、ついに終わりを迎える。同氏がバラク・オバマ(Barack Obama)氏から大統領の座を譲り受ける20日、米国は新時代の幕を開くこととなる。 ニューヨーク(New York)・マンハッタン(Manhattan)の私邸、トランプタワー(Trump Tower)をたつ前、トランプ氏はツイッター(Twitter)に、「旅の始まりだ。米国民にとって素晴らしい旅になるように、私は必死で働き、闘っていく」と投稿した。 トランプ氏はメラニア(Melania Trump)夫人と共に、政府専用機でワシントン近郊の軍事基地に降り立った。夫妻は同機を後にすると、就任式前日の関連行事に出席するため、同市内へと向かった。 トランプ氏の大統領就任宣誓は、合衆国憲法の規定にのっとり、20日正午(日本時間21日午前2時)に連邦議会議事堂前で行われる。その模様は世界中で生中継される予定。 当日現地は雨の予報だが、首都には式典に合わせトランプ氏の数万人規模の支持者や反トランプ派が集結している。 式典には、選挙で民主党候補としてトランプ氏と戦ったヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官や、前任の歴代大統領3人を含め、数多くの要人が出席する予定。一方で、下院の民主党議員らのうち約3分の1は式典のボイコットを表明している。(c)AFP年1月20日 President-elect Donald Trump and his family arrive in Washington one day ahead of inauguration.チャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist
関連記事
01/20(金)
(BSフジ[プライムニュース])
就任直前検証『トランプ政権』政権・外交安保の行方
自民党参議院議員・山本一太「ティラーソンを選んだのはロシアと交渉した経験を買った、推薦したのは共和党陣営。
ロシアへのアプローチについて国務長官と国防長官がトランプと大きく違っているかというとそうではないと思う」。
コンドリーザライス、ハワードベイカー、マルコルビオ、マティス、トルーマン政権時代、マーシャルについて言及。
ティラーソン国務長官候補の尖閣諸島に関する発言「日本や韓国とは長年の同盟の合意がある、(中国の尖閣諸島への軍事力行使には)こうした合意に従って対応する」。
自民党参議院議員・山本一太「日本政府全体、特に与党がほっとしたと思う」。
南シナ海、人工島の軍事化、日米安保について言及。
産経新聞ワシントン駐在客員特派員・古森義久「トランプ政権の安全保障政策は基盤にあるのはオバマ政権の8年間の結果、国際情勢が危険になったという認識がある。
国際潮流が変わって来た」。
第1次世界大戦、第2次世界大戦、大恐慌、ソ連について言及。
01/20(金)
(BSフジ[プライムニュース])
就任直前検証『トランプ政権』政権・外交安保の行方
トランプ次期政権の主要閣僚・高官候補一覧(外交安全保障)。
レックスティラーソンの国務長官への起用の狙いとは。
産経新聞ワシントン駐在客員特派員・古森義久「出発点でかなり選ぶのに苦労したと思う、人間が限られていた。
反ワシントンの部分がある。
ロシアとの関わりも強い、いくつかの要件が合ったのだろう」。
ロシア、一つの中国についてのトランプ次期大統領、レックスティラーソン国務長官候補の発言の食い違いについて。
産経新聞ワシントン駐在客員特派員・古森義久「トランプ次期大統領の言明は次元の低い個人的な範囲を出ていない。
ロシアの対外行動や人権問題については言っていない、ティラーソンはもっと低いところを言っている。
そんなにギャップがあるとは思わない」。
慶應義塾大学環境情報学部教授・渡辺靖「今の段階で承認されなければ意味がない。
トランプの手法は水と油のような人をチームにして徹底的に競わせる」。
利益相反、クリミア、ペンタゴン、レーガン元大統領、マティス、フリン、ルビオについて言及。
01/20(金)
(BSフジ[プライムニュース])
「トランプ大統領」誕生へ・政権の行方と世界への波紋
トランプ次期大統領はCNN記者と異例の大バトルを展開したと思えば、「トヨタ自動車はメキシコに新工場を造り米国向けのカローラを生産しようとしているがとんでもないことだ」(自身のツイッターより)と大企業を名指しで攻撃。
一方、TPPからの即時脱退、ロシアとの友好を掲げたのに対し、指名した閣僚たちは正反対の主張を表明。
メディアとの対決、ツイッターによる「指先介入」、主要閣僚との不一致、これは戦略か瓦解へのサインか。
19日、就任前夜祭コンサートではトランプ次期大統領は「一生懸命に働くことを約束する。
変化させるために仕事を取り戻す。
もう他国に仕事を奪わせない。
軍も強化する、国境も強化する。
これまでに何十年も国のためになされなかったことを行っていく。
これからは変化する、約束する」と述べた。
就任まであと6時間に迫ったトランプ政権の展望を緊急検証する。
国務長官候補・ティラーソン、国防長官候補・マティスのコメント。
米国・ニューヨーク、ワシントンの映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ