JCCテレビすべて
最新のTV情報
2022年01月26日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2021/12/07
TBSテレビ 【ひるおび!】
<JNN NEWS>速報・首相・北京五輪への対応「自ら判断」
関連記事
01/25(火)
(TBSテレビ[news23])
北京五輪開幕まであと10日。
今朝天安門広場で、中国の代表選手らが宣誓を行った。
フリースタイルスキー・谷愛凌は今季W杯ハーフパイプで4戦4勝を挙げた。
五輪では3種目に出場予定でメダル獲得に期待が掛かっている。
海外メディアによると、父親は米国人、母親は北京出身で、生まれた米国が拠点だが、今回中国代表。
米中対立が激しさを増す中、SNS上では「おかえりなさい」などの投稿が。
米国の名門大学への入学が決まったと報じられ、ファッションモデルとしての顔を持つ谷を、国営メディアは「天才少女だ」と賞賛。
01/25(火)
(BS11[報道ライブ インサイドOUT])
上智大学・総合グローバル学部教授・前嶋和弘は「中間選挙は、かなり状況が悪い。
政治を動かさなければいけないが、やってみたが上手に動かなかった。
今、一番底なので、そこから楽しみである。
バイデン大統領は、実は猛犬である。
分極化の時代、バイデンを非難する声は大きい」とスタジオコメント。
講談社・「現代ビジネス」編集次長・近藤大介は「トランプ大統領に比べれば、業しやすいだろう。
習近平主席は、トランプ大統領を怖がっている。
バイデン大統領には、そのようなところがない」とスタジオコメント。
為替・株式情報、気象情報を表示。
01/25(火)
(BS11[報道ライブ インサイドOUT])
講談社・「現代ビジネス」編集次長・近藤大介は「去年の夏の東京オリンピック、パラリンピックの時に200人規模の調査官を送り込んで、コロナ対策の視察をやっている。
ゼロコロナ政策の延長として、完全なバブル方式にする。
市民と接触をさせないようにする。
試合も一般市民を感染させないということを決めた。
中国の2022年は、5年に一度行われる共産党大会を頭に入れておかないといけない。
オミクロンを最初に出したとは絶対に言えない。
オランダに関して言えば、北京に最初に行くと言ったのはオランダの文化大臣である。
台湾は中国からすれば国内なので、当然やってくると思うが、欧米諸国に対して、何か激しいことをすると見つかるリスクもある。
そうすると共産党大会に影響をする。
リスクを冒してまではしないと思う」とスタジオコメント。
上智大学・総合グローバル学部教授・前嶋和弘は「北京オリンピックに対して、関心は薄い。
なぜ薄いかと言えば、コロナのことがあり、現地に行かずに中継を見て実況をすることが決まっている。
今回衝突というところは考えなくてはいけない」とスタジオコメント。
資料・1月・北京市の感染者数、オランダ五輪組織員会。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組