JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年10月23日(月)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/10/13
NHK総合 【おはよう日本】
米国・トランプ大統領・大統領令に署名“オバマケア”見直しに着手

Globali 海外メディア

関連記事
10/22(日)
(フジテレビ[FNNみんなのニュース])
米国のトランプ大統領は1963年のケネディ大統領暗殺事件に関する機密文書の公開を認める考えを明らかにした。
大統領は21日「長年機密となっていた資料の公開を許可しようと思う」とツイートした。
これについてホワイトハウス高官は「関係機関が非公開を正当化する明白な主張をしない限り、大統領は文書を公開すべきだと考えている」と説明した。
機密文書は1992年の法律により25年後の今月26日までに公開を義務付けられているが、それを阻止する権限を持つトランプ大統領の意向に注目が集まっていた。
10/22(日)
(NHK総合・東京[週刊ニュース深読み])
過去最悪の銃乱射事件が起きた“銃社会”米国について。
「なぜいつまでも銃規制をしないのか」についてスタジオ解説。
第42代大統領・ビルクリントンの時、購入者の身元調査義務付け、販売禁止対象制定(重罪の前科者、精神病、麻薬中毒者、未成年など)という時限規制が行われたが、第43代大統領・G.W.ブッシュが規制の延長をせず失効。
「全米ライフル協会(NRA)」は「銃は人を殺さない。
人が銃を殺す」と主張し、合衆国憲法修正第2条に基づいて銃規制に反対している。
そして今、無差別殺人や乱射事件が増えている。
昨年、オバマ前大統領が銃規制強化の大統領令を施行したが、NRAと結びつきが強いトランプ大統領がこれを無効化した。
銃による犠牲者は自殺を含め、年間30000人とも言われる。
NHK解説委員・高橋祐介「銃規制で本当に犯罪が減るのか、については議論が分かれている。
米国内の銃の総数3億5700万丁(2013年)は人口を上回っている。
銃を皆が持っていれば逆に犯罪が減る、被害を未然に防げると考える人もいる」。
NHK解説委員・高橋祐介、林家正蔵、山田まりやのスタジオコメント。
10/22(日)
(BS-TBS[時事放談])
衆議院選挙はまもなく投票開始。
野党分裂型の構図。
今回の衆院選にかかる費用は600億円規模。
投票率は減少傾向が顕著。
争点は、消費税など財源を含む社会保障制度のあり方や、9条を含む憲法改正、北朝鮮問題への対応など外交安全保障などが課題。
米国では、トランプ大統領が社会保障のオバマケアの廃止をやり玉にあげていた。
カーティスは「(選挙の論戦について)日本の財政問題は深刻なのに財政再建の話をしない。
憲法改正が一つの争点になっているようだが、どう改正するかコンセンサスがない。
外交は北朝鮮が危ないので安倍首相と違うことをやるとは誰も言わない。
この選挙は争点が見えない」とコメント。
安倍首相、少子高齢化、財政規律、自民党、希望の党、世論調査に言及。
司会・政治史学者・御厨貴。
ゲスト・コロンビア大学名誉教授・ジェラルドカーティス、元総務大臣・片山善博。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
アクセスランキング
注目番組