JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年04月26日(水)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/04/01
BS1 【BSニュース】
大統領令・不公正な貿易慣行調査・中国に対し圧力かける姿勢・鮮明に
関連記事
04/26(水)
(NHK総合・東京[NHKスペシャル])
激震“トランプ時代”第1集・トランプ・混迷の米国
米国・トランプ大統領がホワイトハウスに入ってまず実行に移した公約は選挙戦で看板に掲げた厳しい移民政策。
大統領令を出して米国に住む不法移民の摘発強化に踏み切った。
トランプ大統領は「悪いやつらは国外退去させる。
犯罪者、麻薬の密売人、ギャングたち、彼らがこの国にいられる時代は終わった」と述べた。
ホワイトハウス周辺(ワシントン)には大統領の移民政策を歓迎する支持者の姿があった。
「米国の安全や雇用を守るには移民の規制が必要」と考える人々。
移民政策に反対するデモもサンフランシスコなど全米各地で繰り広げられた。
世論調査(CNN/ORC)ではトランプ政権の移民政策に賛成3割。
住宅や職場に踏み込む移民局の取締官。
外交、安全保障、税金、差別について言及あり。
04/26(水)
(NHK総合・東京[NHKスペシャル])
激震“トランプ時代”第1集・トランプ・混迷の米国
「どうなる北朝鮮情勢、米国・トランプ政権次の一手は」「トランプ政権100日、公約の達成度は」。
ワシントン支局・田中正良支局長が解説「トランプ政権の関係者は米国の安全保障上の目下の最優先課題は北朝鮮と明言。
空母を派遣して圧力をかけ、北朝鮮へのけん制を強めているが、米国が先制して攻撃すべきという雰囲気は感じられない。
化学兵器使用は許さないという明確なレッドラインを敷いたシリアと、レッドラインがどこにあるか示さない北朝鮮への対応は異なる。
トランプ大統領が力を入れているのは制裁強化で、金正恩体制を追い込み、振る舞いを改めさせること。
中国の役割が重要だとして貿易問題は後回しにし、北朝鮮への制裁徹底を迫っている。
公約を果たそうとトランプ大統領は貿易協定・TPPからの撤退をはじめ大統領令に次々署名。
一方でテロ対策のための入国禁止令(中東、アフリカ7か国)は裁判所に差し止められ、医療保険制度・オバマケア撤廃はいったんは断念」。
メディア、日本について言及あり。
北朝鮮・平壌の映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ