JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年04月25日(火)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/03/06
BS1 【ワールドニュース】
<米国・ABC>トランプ大統領・オバマ前大統領による盗聴疑惑を主張
関連記事
04/25(火)
(TBSテレビ[ひるおび!])
きょう北朝鮮の軍創建“記念日”・過去の節目には重要な出来事も
朝鮮人民軍創建85周年、さらに緊迫。
おととい労働新聞は、「米国の原子力空母など肥大化した変態動物であり、一撃で水没させる万端の準備が整っている」と報道。
きのう中央報告大会で、パクヨンシク人民武力相は、「アジア太平洋の米軍基地や米国本土を照準に収めた我々の核攻撃手段は、今も発射待機状態にある」とコメント。
きのう米国が日本・中国と相次ぎ電話会議。
トランプ大統領と安倍首相の電話会談について、政府関係者は、「かなり情勢は緊迫していると思う」とコメント。
トランプ大統領と習近平国家主席の電話会談で、習近平国家主席は、「国連決議に違反する行為は断固として反対する、関係各国が自制し情勢の緊迫を避けるよう望む」とコメント。
北朝鮮国境も緊迫。
中国:北朝鮮との国境付近に10万人規模の兵力を展開か。
ロシア:北朝鮮との国境地帯に向けて部隊を派遣。
米国:原子力空母「カールビンソン」は、数日内に長崎県・対馬沖を通過し日本海に入る予定。
(最新情報)トランプ大統領は、「北朝鮮は世界に対する本当の脅威だ、人々は何十年もの間見て見ぬふりをしてきたが、今こそこの問題を解決すべき時だ」とコメント。
中国“人民日報系”の環球時報の社説を紹介。
コリアレポート編集長・辺真一、共同通信社編集委員・磐村和哉、ジャーナリスト・大谷昭宏のスタジオコメント。
米国・ワシントンの映像。
シリア、オバマ前大統領、金正恩党委員長に言及。
 
04/25(火)
(TBSテレビ[ひるおび!])
トランプ「政治はハート」
AP通信によるインタビューで米国・トランプ大統領は「大統領職にはハートが必要だ」と発言(コメント文)、シリア攻撃を例に発言。
共同通信社編集委員・磐村和哉、毎日新聞論説委員・福本容子、立川志らくのスタジオコメント。
北朝鮮・金正恩党委員長、北朝鮮・平壌、スカッドER、朝鮮中央テレビ、KN-15、米国原子力空母「カールビンソン」の映像。
ホワイトハウス、米韓合同軍事演習、オバマ前大統領、アフガニスタン、沖縄・嘉手納基地、海上自衛隊、尖閣諸島沖に言及。
04/24(月)
(TBSテレビ[ゴゴスマ~GOGO!Smile!~])
緊迫・米国人拘束で高まる緊張“人質作戦”北朝鮮の狙いは?
今月21日、北朝鮮・平壌国際空港で出国手続き中の韓国系米国人が北朝鮮当局により拘束された。
北朝鮮の「人質作戦」ともみられている。
拘束されたのは韓国系米国人男性で、元中国の科学技術大学教授(聯合ニュース)。
この男性は北朝鮮への支援活動を行っており、今回は約1か月間滞在。
拘束理由は不明。
現在、北朝鮮が拘束している米国人は3人となった。
2015年10月に韓国系米国人牧師が国家転覆陰謀罪とスパイ罪で拘束され、2016年1月には米国人大学生が国家転覆陰謀罪で拘束されている(共同通信)。
米国国務省が平壌のスウェーデン大使館を通じて拘束された男性の解放交渉を進めている(ワシントンタイムズ紙)。
2009年に米国人記者2人が拘束された際にはクリントン元大統領が北朝鮮を訪問し、金正日総書記と会談し釈放されている。
カーター元大統領、ロシア、北朝鮮・金日成主席、オバマ前大統領、裁判、核に言及。
軍事ジャーナリスト・黒井文太郎(専門は北朝鮮情勢、国際テロ、日本の防衛、安全保障。
著書に「北朝鮮に備える軍事学」など」)、金慶珠(東海大学教養学部国際学科教授で社会言語学者。
専門はメディア論で朝鮮半島の文化と社会に関する研究)、CBC論説室室長・石塚元章(報道一筋35年。
JNN海外特派員、ニュースキャスターを歴任するニュースの鬼)のスタジオコメント。
北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長の映像。
本日の「ワールドニュース」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ