JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2017年05月27日(土)
最新TV速報
     
【Globali】

コミー米FBI長官解任:録音記録・忠誠要求、記者会見中止、露からの収入、新長官面接

コミー米前FBI長官解任をめぐり、5月12日の『Reuters』『BBC』『The Washington Post』『POLITICO』は以下の通り報じている。トランプ米大統領は5月12日ツイッターで、解任したコミー米前FBI長官に対して、FBIが捜査中の米大統領選挙期間中のトランプ候補陣営とロシアとの共謀の疑いについてマスコミにリークしないよう警告した。もしコミー米前FBI長官がマスコミと連絡を取った場合、トランプ米政権は、トランプ米大統領とコミー米前FBI長官の会話のテープを公開すると示唆した。ただ録音テープが実在するかどうかは不明だ。これに対しスパイサー米大統領報道官は、トランプ米大統領のツイートはコミー米前FBI長官への脅迫ではないと述べた。Reutersの引用した「The New York Times」によればトランプ米大統領は1月にコミー米前FBI長官に忠誠を誓うよう求めたが、独立した法執行機関としてのFBI長官の立場を傷つけるとして断わるも正直に大統領に接すると述べたと報じた。これに対しスパイサー米大統領報道官は、トランプ米大統領はコミー米前FBI長官に忠誠を誓うよう求めなかったと否定している。またReutersの引用した「CBS」はコミー米前FBI長官に近い人物の話として、コミー米前FBI長官はトランプ米大統領が持っているとされる録音テープについて、たくさんの録音テープがあってもいいがどの録音テープの内容も心配していないと述べたと報じている。トランプ米大統領が1月20日に就任して以来、FBIによる捜査と並行して議会による調査が行われており、トランプ米政権の政策に影響が出る恐れがある。米民主党のダービン上院議員は5月12日、コミー米前FBI長官の解任は司法妨害に近いほど危険だとし、ロシア問題調査のため特別検事を任命すべきだと述べた。またトランプ米大統領のツイートによるコミー米前FBI長官への警告は証人への脅迫と解釈される可能性があり連邦法違反だとした。

5月12日トランプ米大統領はコミー米前FBI長官の解任理由が当初のものから異なっている矛盾をマスコミに指摘されて、大統領報道官が自分のすべての行動を正確に伝えるは難しいとして今後すべての記者会見を取り止め、正確さを期すため書面による回答に切り替える可能性をほのめかした。またトランプ米大統領は、FBIの捜査に圧力は決してかけなかったとし、自身、トランプ米大統領候補陣営とロシアとの間に関係はないと述べた。...
全部読む

その他の最新記事
▲画面のトップへ