JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2017年05月28日(日)
最新TV速報
     
【Globali】

フランス大統領に中道系のマクロン候補選出

5月7日の『BBC』『Reuters』『CNBC』は中道系のマクロン候補が極右政党のル・ペン候補を65.5%対34.5%で破り、史上最年少のランス大統領に選出されたと報じている。支持率の差は直前の世論調査の20%程度から拡大している。マクロン候補は当選後、国民の怒り、不安、疑念を聞き、フランスを傷つけ分裂させる勢力と5年間戦うと述べた。敗れたル・ペン候補は今回の選挙が愛国者とグローバリストの闘いだったとし、新しい政治的な力が出現したと述べ6月の仏国民議会選挙に向け変革を開始すると述べた。マクロン候補は仏大統領選挙戦最終日のハッキング攻撃で本物と偽造の文書が混在する文書が今後公開されたときに受けるダメージに対処する必要がある。マクロン候補の勝利は英国のEU離脱、トランプ米大統領の選出と続いたポピュリズムの勝利に歯止めをかけたことでEU各国は安堵した。マクロン候補は既存の2大政党候補以外からの初の独立系候補者として勝利したが、専門家によればフランスの主流政治の継続とみなされている。今後ヨーロッパの焦点は9月のドイツ連邦議会選挙と現在進行中の英国のEU離脱交渉に移る。フランス大統領にEU支持者が就任した現在、EUは英国との交渉に強気で臨むことができる。

マクロン候補は中道の自由主義者であり、事業家でありEUの強力な支持者だ。昨年8月、オランド仏政権を離れ、独立連合「前進」を立ち上げた。仏大統領選挙の公約では公共部門の雇用削減、600億ユーロの公的支出の削減、失業率の7%以下への引き下げ、労働法の緩和、自営業者への新たな保護を掲げる。

関係者の反応は以下の通りである。ユンケル欧州委員会委員長「フランス人がヨーロッパの未来を選んだのはうれしい」。...
全部読む

その他の最新記事
▲画面のトップへ