JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2017年05月23日(火)
最新TV速報
     
【Globali】

米・英・ロシア・中東・中国メディア;米政権、国防費1割増強要求

2月28日付【時流:米国防費・日本の年間防衛費上回る増額】で触れられているとおり、トランプ政権は2018年度(2017年10月~2018年9月)の国防予算として、前年度比10%アップの約6兆円増額となる見込み。これは、かねて同大統領が標榜しているとおり、核保有国の中で米国が最強の核兵器を有した上で、地球上の核兵器をコントロールすることを含めて、中ロを念頭に米軍の増強を目論むものと考えられる。但し、米国では日本と違い、政権に予算案提出の権限はなく、あくまで議会が予算を決める仕組みであるため、与党共和党が牛耳る議会が、どれ程トランプ政権の主張を取り入れることになるか未定である。因みに、2015年比較であるが、世界最大の米国の国防費は約67兆3,500億円(国内総生産(GDP)比3.3%)、2位の中国は約43兆6,000億円(同1.9%)、そして世界8位の日本は約5兆円(同1%)である。

2月28日付米『Yahooニュース』『ロイター通信』配信):「トランプ政権、“史上最大となる”国防費捻出のため国内予算を削減」
「●ドナルド・トランプ大統領は2月27日、2018年度の国防費を6,030億ドル(約68兆1,400億円)まで増額する計画を表明。  
●これは、前年度比540億ドル(約6兆1,000億円)、+10%増となる計算。  
●民主党は早速、国防費増額のため、環境保護や教育費予算が減額されるとして反発。...
全部読む

その他の最新記事
▲画面のトップへ