JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2017年04月26日(水)
最新TV速報
     
【Globali】

米・英・ロシア・台湾メディア;米環境保護局長官が漸く就任

先週報じたとおり、トランプ政権発足後1ヵ月近くが経っても、閣僚15人のうち、依然6人の人事案が承認されない異例の事態となっている。その最中、トランプ大統領最側近の大統領補佐官(国家安全保障担当)が辞任したり、労働長官候補が突然指名を辞退したりと、相変わらず逆風が吹いている。そうした中、2月18日付【風の流れ:プルイット氏が環境保護局長官に・パリ協定は?】で述べられているとおり、オクラホマ州司法長官のスコット・プルイット氏の環境保護局(EPA)長官就任が上院本会議で承認された。ただ、オバマ前大統領の環境保護対策に批判的で、EPAを相手取り訴訟を繰り返してきたプルイット氏をボスに迎えることになる、EPA約1万8千人の職員の気持ちは複雑であろう。

2月18日付米『Yahooニュース』『マッシャブル』オンラインニュース配信):「EPAを訴えるという不快な趣味を持つ男が当該役所のトップに就任」
「●オクラホマ州の元司法長官のスコット・プルイット氏は2月17日、上院本会議において52:46票の僅差でEPA長官指名の承認獲得。  
●同氏はこれまで、バラク・オバマ前政権が掲げた種々の環境保護政策に批判的で、その政策を実行しようとしたEPAを幾度となく訴えた人物。...
全部読む

その他の最新記事
▲画面のトップへ