JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2017年04月25日(火)
最新TV速報
     
【Globali】

米国が国境の壁建設でメキシコは反発

米トランプ大統領は、米国土安全保障省で、国境警備員を増員して犯罪者を締め出し米南部、メキシコとの国境沿いに壁を建設する大統領令に署名し、「今日アメリカは国境を取り戻す。米国民の安全を守る」と宣言した。選挙公約を守り国境の壁建設を進めるトランプ大統領の動きにメキシコ政府は反発。メキシコのペニャニエト大統領はトランプ氏と来週会談する予定だったが、会談中止も検討されているといい、両国の溝が深まるのは避けられなくなっている。数日中には壁以外にもイスラム教国からの移民阻止を強化する対策にも乗り出すと報道されている。大統領就任後、切れ者ビジネスマンさながらで急ピッチに公約実行に奔走し、「米国第一主義」を貫いているものの、専門家は「この壁は、メキシコにナショナリズムを起こすだろう。国際関係が後戻りする」と警鐘を鳴らしている。

1月25日付米国『ニューヨークタイムズ』は「トランプの壁建設指示でメキシコの大統領は訪米中止を検討」との見出しで以下のように報道している。
ドナルド・トランプが「メキシコ移民は強姦者で国外追放する」と宣言した選挙時、メキシコ政府は当選するわけがない者のたわごとだと一喝したが、大統領就任から5日目で、トランプ氏は当時と同じ事を言い、メキシコを憤慨させている。選挙中、メキシコ政府左派からは、メキシコで有名だが嫌われていたトランプ氏の発言を「人権侵害」と人種差別だとして国連に訴えるべきだとの意見があった。...
全部読む

その他の最新記事
▲画面のトップへ