JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2021年06月14日(月)
最新TV速報
【Globali】
 

トランプ大統領;G20大阪サミットの機会に習国家主席のみならずプーチン大統領とも会談して関係修復意向と言明【米・ロシアメディア】

トランプ政権閣僚らは、中国ともロシアとも政策的な対立をしている。しかし、ドナルド・トランプ大統領自身は、中ロの両首脳とは友好関係にあると信じ、直接的会談によってそれぞれの国との関係修復を成し遂げたい意向である。そしてこの程、今月末の主要20ヵ国首脳会議(G-20サミット)の機会に、各首脳との会談につき言明した。

6月20日付米『CNBCニュース』『ロイター通信』配信):「トランプ大統領、来週開催のG-20サミットの機会にプーチン大統領と会談すると言明」

ドナルド・トランプ大統領は6月19日、G-20大阪サミットの機会を捉えて、ウラジーミル・プーチン大統領と会談する意向である旨言明した。

『Foxニュース』のインタビューに答えたもので、今週初めに明言した習近平(シー・チンピン)国家主席との会談と同様、ロシア首脳との会談も行うことを明らかにしたもの。...

全部読む

 

米中貿易紛争;G20大阪サミットにおける米中首脳会談を経ての進展は望み薄【米メディア】

6月11日付Globali「中国;トランプ大統領のG20大阪サミットでの米中首脳会談の呼び掛けに音無しの構え」で報じたとおり、トランプ大統領の思惑に反し、中国側はG-20大阪サミットでの米中首脳会談開催に消極的とみえる。そして、米中高官も、両国首脳会談の開催はもとより、仮に開催されても、双方の閣僚級による事前折衝が不十分で、米中貿易紛争が鎮静化するのは期待薄との声を上げている。

6月12日付『ロイター通信』:「事前準備不足もあって、トランプ・習両首脳会談による進展は望み薄」

6月28、29日に開催される主要20ヵ国首脳会議(G-20サミット)まで3週間を切るが、米中首脳会談の開催を踏まえての両国貿易紛争問題の解決は望み薄の状況となっている。

ドナルド・トランプ大統領は6月10日、習近平(シー・チンピン)国家主席とG-20大阪サミットの機会に会談することを望むとした上で、もし両国間協議に進展がなかったり、あるいは習氏が首脳会談に臨もうとしなければ、中国製品への更なる追加関税賦課を実施せざるを得ないと、再度脅しをかけた。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組