JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年06月29日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

日本医師会代表;新型コロナウィルスのワクチン開発なくば、来年の東京オリンピック開催も無理と警告【米・英国メディア】

日本医師会は新型コロナウィルス(COVID-19)感染に関わり、4月1日の段階で“医療危機的状況宣言”を出し、安倍政権に対して、緊急事態宣言発令含めた可及的速やかな対応を求めた。結局、政府発令は4月7日まで遅れ、依然感染拡大が止まりそうもない。そしてこの程、同医師会会長が、ワクチン開発を急がねば、来年に延期された東京オリンピック・パラリンピック大会の開催も危ぶまれると、政府側の迅速な対応を求めて警告した、と欧米メディアも関心を持って報じている。

4月28日付米『ロイター通信』:「日本医師会代表;緊急事態対策の強化・継続なくば、2021年の東京オリンピック開催も“困難”と警告」

日本医師会の横倉義武会長(75歳、注後記)は4月28日、日本全国に対する緊急事態宣言解除を考えるのは早すぎるとした上で、COVID-19のワクチン開発が間に合わなければ、来年に延期された東京オリンピック・パラリンピック大会開催も危ういと警告した。

日本医師会代表の発言は、安倍晋三政権が、目下5月6日までとしている緊急事態宣言対象期間経過後の対応について、更に慎重にならざるを得ない空気を醸成している。...

全部読む

 

福島原発処理済み汚染水の処分案に関する海外報道【米・フランス・韓国メディア】

東京電力(TEPCO)福島第一原発の処理済み汚染水の処分方法が、海洋放出、大気放出、及び両者の併用の3ケースに絞られた。監督官庁の経済産業省の小委員会が纏めた検討案を同省が公表した。前例に倣った処分方法とされているが、地元の漁業・農業関係者らからは、風評被害や健康への影響を懸念して強い反対の声が上がっている。海外メディアも一斉に報じている。

12月24日付米『ワシントン・ポスト』紙(『ブルームバーグ』配信):「日本が汚染水を海洋放出することになるかも知れない理由」

TEPCOは、福島第一原発に保管している約100万立法メーター(オリンピック用プール400個分)の処理済み汚染水を太平洋に放出する計画であることが判明した。

同社は、処理済み汚染水を貯蔵するタンクを1,000基有するが、依然毎日100立法メーターの汚染水が発生していることから、2022年半ばには満杯となると予想するため、それまでに汚染水の処分方法を纏める必要が出ていた。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組